日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

桐生祥秀スパイク調整と筋トレで前代未到の日本人初9秒台出るか?

      2015/05/09

桐生祥秀選手は先日のテキサス・リレーの大会では追い風参考記録ながら9秒87を出した。
2年前には高校生ながらに日本歴代2位の記録10秒01を出した事は記憶に新しいところである。
しかも、歴代記録を出したのが織田記念国際の大会であるので、4月19日に予定されている男子100メートル同大会での日本人初9秒台への記録の期待が高まる。
今最も日本人初の9秒台に近い選手として注目されていますが、
彼の履いているスパイクや筋トレやストレッチなどの練習方法、東京オリンピクへの桐生祥秀選手への活躍の期待について考えていきます。


桐生祥秀選手のプロフィール

キャプチャ

桐生祥秀選手(きりゅう よしひで)選手
生年月日 1995年12月15日
出身地 滋賀県彦根市
身長/体重 175cm /68kg
所属 東洋大学

自己ベスト
60m 6秒59
100m 10秒01
200m 20秒41
400m 47秒41
日本人男子100メートル2位の記録を持つ

日本人初9秒台に向けて

歴代の日本人記録
10秒00 伊東浩司さん
10秒01 桐生祥秀選手
10秒02 朝原宣治さん
10秒03 末續慎吾さん

桐生選手は高校生ながら日本人歴代2位の記録残せているので、
彼の日本人初の9秒台の記録の期待が高まるのもうなづけます。
しかし、昨年2014年にはケガに苦しんだ時期で思うように結果が残せていないようです。
しかしながら、朗報だったのが3月に行われたテキサス・リレーの大会では参考記録ながら、9秒87という記録を出しました。
これは、とてつもなく凄いことであり日本人短距離史上初の9秒台達成する瞬間がくるのも近い気がします。

スパイクの種類



基本的には、桐生選手が履いているスパイクはアシックス社の「サイバーレイ」というスパイクをベースに桐生選手の足に合わせた物を履いているとのことです。
また、桐生選手のスパイクのこだわりが「軽さ」を最重要ポイントとしています。
薬指の部分にピンがないタイプで必要最低限のピンの配列と軽量タイプのスパイクを履く傾向にあるらしいです。

高校時代に履いていたスパイクの重さが片足130gの物をアシックスから用意されている。
東洋大学進学でもこの時の片足120g程度と言われており、専門家もビックリのスパイクのピンの数が4本の時が
ありました。素材にもこだわりカーボン素材に靴の不要な部分の生地を薄くしました。
2015年になりスパイクの方向性を軽さから、足裏の地面との接地の際の感覚が重視されています。
桐生選手のスパイクはつめ先方向への上向きの角度を通常よりやや浅めにする。

スパイクの改良の成果あり!?テキサス・リレーの大会では参考記録ながら、9秒87という記録を出しました。
私も学生時代に陸上部で桐生選手と同じ短距離選手として活動していましたので、
スパイクの重要性というのは言わずもがなです。ただ、周囲の期待に応えるべく日々のスパイクの調整も怠らないのが素晴らしいことです。

練習方法

日本記録を持つ伊東浩司さんにストレッチ方法を指導を仰ぎ、棒を使った肩甲骨や股関節の柔軟性の向上に努める。
また、ストレッチだけでなく筋トレも週1~2日行い肉体改造を行う。

世界陸上や東京オリンピックへの期待

日本で最も今9秒台に近い男として桐生選手への周囲の期待はすさまじい。
ケガに苦しんだ昨年とは違い3月28日に行われたテキサス・リレーでは9秒台を参考記録ながら出し同大会で100メートルでは優勝している。
年齢的にもまだまだ今後の成長が期待できるだけにまずは、8月にある世界選手権での桐生選手の活躍に期待したい。
東京オリンピックの時は桐生選手は20代半ばとスポーツのパフォーマンスが最も出せる時期と重なるので期待できますね。
練習やスパイクの調整も日々改良を行っているので、彼の成長を楽しみにしながらまずは明日の織田記念での100メートルの日本人初の9秒台を期待したいです。

最後に

私も短距離をやっていた身ですので、若い桐生選手の活躍がうらやましいです。
そして、今までも日本人では未到の9秒台を期待される短距離のエース選手は何度も現れています。
しかしながら、あと一歩の所で日本記録を塗り替えることは叶っておりません。
どうにか、桐生選手が日本人短距離選手史上初の9秒台への快挙を達成してほしいです。

スポンサードリンク

 - スポーツ