日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

2015大谷翔平二刀流の評価と活躍動画集!藤浪晋太郎の仲良し画像

      2015/05/09

キャプチャ

投手と打者としてのどちらも非凡な才を見せていた大谷翔平選手ですがドラフト後には投手と打者どちらの選手として育成していくのかが話題になりましたね。
プロ1年目から日ハムは二刀流で育成方針を固めて当時は二刀流という大谷選手の話題が先行しました。
しかし、着実に結果を出し今や球界を代表する選手になりつつある大谷翔平選手の評価や活躍をまとめた動画の考察をしていきます。
また、同期の藤浪晋太郎君との仲良しとのことで見てるこちらが笑顔になってしまうような画像を紹介していきます。

スポンサードリンク


大谷翔平選手の過去の実績と2015年の二刀流の評価

プロ1年目2013年度
投手成績 13試合に登板し3勝 防御率4.23
打者成績 打数189/安打45 打率.238 本塁打3本
この年のチーム平均打率が.256となっている為少し打つ面では物足りない感じがしますが、
二刀流実践していてこの成績は凄いと感じます。
また、投手面では防御率4点台ながら、チームの援護もあり無敗でシーズンを終えています。
この頃から「勝ち運」を持っているなと感じています。

ネットでの評価は打者での評価を認めているが、
将来的にメジャーに行くなら投手として成長して欲しいという意見が目立っていた。

プロ2年目2014年度
投手成績 24試合に登板し11勝 防御率2.61 奪三振179リーグ3位
打者成績 打数212/安打58 打率.274 本塁打10本
この年のチーム平均打率.251となるので目覚しい活躍を見せてくれたのではないでしょうか。
2桁勝利2桁本塁打の記録は日本プロ野球史上初の快挙となり世界でも稀に見る記録で
故ベーブ・ルース選手と金城漢選手しかいない。
1試合で16奪三振を記録、日本人の日本プロ野球最速162km/hを計測するなど投打共にチームの勝利に貢献した。

また、契約更新では高卒3年目での年棒1億円は松坂大輔選手以来の史上2目となる。
2年目でこの成績は本当に素晴らしいですね。奪三振を奪うのが4人に1人の割合で三振を取れているとデータにも出ていて
既にエース級の活躍を見せた2014年度ですが、与四球の数を減らすともっと勝率が上がるのではないでしょうか。

ネットでの評価だが昨年度は結果も残したこともありどちらかに絞って専念するべきという意見よりも
二刀流でこのままいくべきという意見が増えたのが印象的である。
ただ、疲労が濃くなり選手生命を縮める原因になる可能性があるから心配との声もある。

2015年度の4月20日現在の時点で
開幕から無傷の4連勝となり防御率も0.94と0点台になった。
月間MVPも獲得できるのではないでしょうか。

大谷翔平選手の活躍動画集

オールスター2014で大谷選手が162km記録した時の動画です

いやいや、初球から凄いですね!!162kmにバットを当てる鳥谷選手も凄いですが、2球目で日本人最速記録を出してます。
野球少年達に夢を与えてくれるオールスターになったのではないでしょうか。

大谷選手と言ったら投球やバティングが凄いイメージありますが、守備でも魅せてくれます。

イチロー選手の代名詞とも言えるレーザービーム。イチロー選手にも負けず劣らずの大谷選手の守備でのプレーも観客を魅了するひとつの要因ですね。

大谷選手のホームラン動画です。
[nicodo]sm24465066[/nicodo]

投手と平行しての活躍が素晴らしいの一言です。

1試合16奪三振を記録した試合の動画です。
[nicodo]sm23967604[/nicodo]

高めのつり球を効果的に使ってますね。

藤浪晋太郎選手との仲良し画像

大谷選手と藤浪選手が高校の時から仲良しとのこで
プロに入ってからの二人のメールのやりとりが
大谷選手がケガで二軍落ちした時に藤浪選手が初勝利をした時のやりとりがこちら
「初勝利おめでとう。僕は捻挫しておちちゃったよ」と大谷選手から藤浪選手へ
それに対して藤浪選手が「ありがとう。早く治して上に戻ってこられれば」とのやりとりがあったとことです。
なんとも、ほほえましいですねライバル関係でありながら仲が良いのは。
また2014年度の契約更新の時も話題性を狙ったのか二人とも同じ日でしたね。

2

bunnsyou

nakayosi

キャプチャ

スポーツクラブにまで一緒に通っている!?

高身長な二人が一緒にジムに通っている姿を思い浮かべると凄いですね。
一人でも目立つのに2人いるとファンはすぐに気づいてしまいますね。

最後に

プロ1年目には賛否両論の二刀流の方針でしたが、
昨年度は目覚まし活躍を魅せてくれた大谷翔平選手ですのでファンからの期待と大谷選手へのプレシャーがとてつもない物と思います。
今後も野球少年達に夢と希望を与える存在として日本球界を代表するエースへと成長しメージャでの活躍も魅せて欲しいですね。
まだ若いだけに今後の成長が楽しみです。

スポンサードリンク

 - スポーツ