日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

2016関西・関東のバラの見頃とおすすめバラ園の名所とは?

      2015/05/09

秘密の花園

関連記事

5月6月に見頃の花は?

桜もすっかり散り、これから緑の季節になりますが
この時期に見頃を迎え、楽しめる花もあります。
その中でも代表的なのは、薔薇。
気品あふれる豪華な花を咲かせる薔薇は、世界規模で人気の花です。
種類、色も豊富で、見て楽しむにはぴったりだと思います。
薔薇の見頃である時期と、おすすめのスポットをチェックしておきましょう。

一般的にバラの見頃はいつ?

バラ

バラは一年に二度見ごろがあって、基本的には春と秋にたくさんの花を咲かせます。
また、春は次から次へと花が咲き、秋は一度咲いた花が長持ちするので
長い期間楽しむことができる花としても知られています。
春の見ごろは、5月中旬から6月中旬。
特に5月末~6月初めあたりは、様々な種類の花が咲き乱れ、絶好の時期といえるでしょう。
ちなみに秋は、10月中旬~11月中いっぱいが見ごろだそうです。

関西のおすすめバラ園の名所

靱公園(大阪)

大阪市内では最も歴史あるバラ園である、靱公園。
世界バラ会議大阪大会で優秀庭園賞を受賞したこともあるそうです。
広大な土地に、大きな噴水を中心にして、約150品種、3300株の薔薇が咲き誇ります。
また、5月23日・24日にはバラ祭りが開催され、いろんなイベントが行われる予定です。

アクセス
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅・地下鉄御堂筋線 本町駅・地下鉄中央 阿波座駅のいづれかから徒歩

中之島公園バラ園(大阪)

都市にあり中心地の梅田からもほど近いため、気楽に訪れることのできるのがこちら。
しかし都会だからといって侮るなかれ、薔薇の数は約300品種、3700株。
他のバラ園にも引けをとらない規模です。
堂島川と土佐掘川を両側に拝みながら、府立中之島図書館などの由緒ある建築物も見ることができます。

アクセス
京阪中之島線なにわ橋駅下車すぐ
京阪本線北浜駅から徒歩約5分
大阪地下鉄堺筋線北浜駅から徒歩約5分

須磨離宮公園(兵庫)

かつて天皇の別荘があった跡に作られた公園で、ロイヤルな雰囲気は薔薇の花にぴったりです。
薔薇の種類も皇族や王族、芸術家などの名を冠したものが多く、ルーツを知り歴史に思いを馳せる楽しみもあります。
180種、4000株の薔薇と共に、大阪湾を一望することもできます。
こちらでも、 5月9日~6月28日に「春のローズフェスティバル2015」というイベントが行われるそう。

アクセス
JR「須磨」・山陽電車「山陽須磨」から路線バス
山陽電車 月見山駅・須磨寺駅・東須磨駅から徒歩

関東のおすすめバラ園の名所

旧古河庭園(東京)

大正初期に建てられた洋館の前にある、西洋庭園にバラが植えられています。
数は約90種、180株と少なめではありますが、洋館とバラの織り成す異国情緒あふれる景色を楽しむことができます。
日本庭園や西洋庭園、茶室もあるので、バラ以外のものも見たいという方にはオススメです。
5月9日~6月7日には「春のバラフェスティバル」が開催されます。

アクセス
JR京浜東北線 上中里駅から徒歩7分
東京メトロ 南北線 西ヶ原駅から徒歩7分

滝ノ入ローズガーデン(埼玉)

山に囲まれた、大自然の中にあるバラ園です。
野山の広がる滝ノ入地域の活性化の一環として、ボランティアにより作られた施設なのだそう。
都会では真似できない、周りの自然と一体化したバラたちは、ここでしか見られないかも。
長いバラのアーチの中を歩くこともできちゃいます。
ただし、5月22日~6月7日のバラ祭りの期間しか開園していないので、くれぐれもご注意ください。
期間限定でしか見られない貴重なバラ園です!

アクセス
東武東上線池袋駅より東毛呂駅まで約60分 (坂戸駅越生線乗り換え)
JR八高線八王子駅より毛呂駅まで約60分(高麗川駅乗換え)

河口湖オルゴールの森 ローズガーデン(山梨)

歴史的なオルゴールや自動演奏楽器などの演奏が楽しめます。
館内の庭園はバラだけでなく四季折々の花が楽しめるのが魅力の一つです。
富士山も近くに見える為関東でのバラ園では是非一度は足を運んで頂きたい場所です。
見ごろは4月中旬から見れます。
バラだけでなく自然の景観とオルゴール美術館も楽しめます。

アクセス
河口湖駅 河口湖駅よりタクシーで約16分または「河口湖周遊レトロバス」にて約26分
オルゴール

引用元:www.kawaguchikomusicforest.jp

最後に

バラの見ごろが間近にせまっています。良い香りをかぐことで自律神経やホルモンのバランスを整えてくれるらしいです。
ぜひこの機会にバラの鑑賞をしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに管理人の私は誕生日花がバラというどうでもいい話をしてみる。

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地