日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

仮想砂場で遊ぶ子どもたちSEGAのえーでるすなばとは?値段は?

      2015/05/09

皆様も子どもの頃は、公園の砂場で遊んだ記憶があると思います。
砂場が好きなのは、今の子どもも同じ。
しかし、今の時代は砂場も昔と全然違う!
今回は、そんな最新型砂場である「えーでるすなば」をご紹介いたします。

スポンサードリンク




えーでるすなばとは?

「えーでるすなば」とは、去年の秋に登場した
SEGAの開発した室内用の子供向け遊具機器です。
森のような仕切りの中に小さな砂場が設置されていて、そこで子どもを遊ばせることができます。
このえーでるすなばの何がすごいのかというと、子ども用でありながら
プロジェクションマッピングという最新の映像技術と、
ものの動きや高低差を察知する「Kinectセンサー」を使っていること。
これらによって、風景や生きものの映像を砂の形状にあわせて映し出し
何と、砂を掘るとそこに水場ができたり、積み上げると山になったりするのです。
できた水場には魚などが現れ、陸地には虫が登場。
それらもプレイヤーの手を認識して、逃げたり丸まったりするそうです。
まるで神様にでもなって、地上を創っているような気分になれそうですね。

映像には「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」と四季にちなんだバリエーションがあり、
「はる」には一面に桜が咲き、「ふゆ」には山に雪が積もるなど風景が変わるだけでなく、
季節によって登場する生きものも変化します。
ここまで徹底したこだわりは、子ども用の遊具でありながら、さすがです。

しかし、えーですすなばのスゴイところは、映像だけではありません。
使用されている砂を触ってみると、つるつる?さらさら?していて手に全く付かず、
それなのに非常に固まりやすい。
はじめは人工的な物質かと思ったのですが、れっきとした「砂」のようで、
スウェーデンで開発されたギネティックサンド(通称えーでるさんど)というものだそう。
手につきにくく、水分を含まなくても粘土のように固まるのが特徴で、
砂遊びをさせると汚れるし…衛生面でもあまり良くないのでは…と心配する必要もありません。
砂遊びは、子どもの自発性や創造性を育てるといわれる一方で、衛生的問題で嫌がる保護者も増えてきた中、
これはとても嬉しいポイントです。

どこで遊べて値段は?

えーでるすなばは、セガワールドやナムコランド、モーリーファンタジーなどといった
全国のショッピングセンター内のゲームコーナーに設置されています。
値段は、一回につき200円。
今後は、カーディーラーやショッピングモールなど、子どもを退屈させてしまう場所にも展開する構想もあり、
お金を入れるのではなく、時間単位で貸し出す形態も考えられているそうです。
これが実現したら、お買い物に忙しいお母さんは大助かりですね。

最後に

最新技術を駆使して、いろんな楽しい要素を組み込んだ「えーでるすなば」。
これなら子どももワクワクしながら、楽しんで遊べるに違いありません。
実際に大人の私も、えーでるすなばの実機を見たときは「なんじゃこりゃ!?」とすごく驚いたし、
面白い仕組みが分かると、子どもじゃなくて、むしろ自分が遊びたいとすら思いました(笑)
皆様も、一度お子様にやらせてみては、もしくはご自分でやってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵