日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

5月6月旬の果物と関東・関西・東海・九州で味覚狩りできる果物は?

      2015/05/09

イチゴ

今年のいちご狩りの季節も終盤ですね。
でも、これからの季節に味覚狩りを楽しめる果物もたくさんあります。
いちご狩りを6月まで行っている施設も多数存在しています。
そこで5月、6月に旬を迎える果物と
味覚狩りのできる施設をピックアップしてみました。
果物の栄養素やおいしい果物の選び方も調べてみたので、参考にしてください。

5月旬の果物

メロン

メロン
高級な果物の代表格であるメロンはちょうど今が旬!
特に、プリンスメロン、ホームランメロン、キンショウメロン等が食べごろです。
ご存知の方も多いと思いますが、メロンは厳密には果物ではなく、野菜。
また、メロンにはカリウムが多く含まれており、高血圧や動脈硬化、むくみに良いそうです。
店頭で選ぶときは、網目が細かくて重みがあり、色にムラがないものにしましょう。

いちご
春の味覚、果物の女王のいちごも、そろそろ食べごろの終わりがけ。
今のうちに食べ納めしておきたいものです。
イチゴはビタミンCや葉酸が豊富で、美肌効果があったり貧血を予防したりなど、女性に嬉しい果物。
全体が赤く色づき、つぶつぶがハッキリついているものが多い商品を選びましょう。

甘夏みかん
名前に「夏」とありますが、甘夏も5月あたりから旬を迎えます。
普通の夏みかんよりも酸味が少なく、甘味が強いので食べやすいかとおもいます。
いちご同様にビタミンCが豊富で、風邪の予防などに役立ちます。
ヘタが枯れておらず、全体の色が濃くて表面にツヤのあるものが美味しいのだとか。

6月旬の果物

サクランボ

さくらんぼ
桜の果実であるさくらんぼは、6月中旬頃に旬を迎えます。
国産のものは上品でさわやかな甘酸っぱい味で、アメリカンチェリーは甘味が強い傾向があります。
さくらんぼにはアントシアニンが含まれており、眼精疲労に効くといわれています。
軸が青くて、粒が大きく色鮮やかでツヤのあるものを選びましょう。

ビワ
初夏の季節を感じさせる果物として親しまれている、ビワ。
暖かい地域に育つ植物で、西日本のほうが栽培が盛んです。
ビワはβカロテンが豊富なのが特徴で、高血圧・ガンの予防やアンチエイジングに効果があります。
ヘタがしっかりしていて、うぶ毛のあるものが新鮮です。

スモモ
夏が最も食べごろであるスモモも、6月下旬頃が旬のはじまり。
日本のすももはそのまま食べることが多いですが、西洋のすももは乾燥され「プルーン」として食されています。
ソモモは葉酸を多く含み、貧血や妊娠中の方には特にオススメです。
張りと弾力があり、よい香りのするものを選ぶのが良いでしょう。

5月・6月に果物狩り(味覚狩り)できる施設紹介

関東

小松沢レジャー農園
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1408
いちご 6月中旬まで
ホームページ

東海

はままつフルーツパーク
静岡県浜松市北区都田町4263-1
いちご 5月下旬まで
さくらんぼ 5月下旬~6月上旬
すもも 6月中旬~7月中旬
ホームページ

塚原山フルーツ農場
山梨県南アルプス市落合2298
さくらんぼ 6月
ホームページ

関西

観光農園 南楽園
大阪府堺市南区別所1457
いちご 6月中旬まで
ホームページ

アグリパーク竜王
滋賀県蒲生郡竜王町山之上6526
いちご 5月まで
さくらんぼ 6月
ホームページ

おれんじ農園
兵庫県南あわじ市灘城方196
びわ 6月
ホームページ

九州

果実の国カップルズ
熊本県阿蘇市西町南荷内原1003-3
いちご 6月中旬まで
さくらんぼ
ホームページ

最後に

これから果物狩りを楽しめる場所は、こんなにたくさんあったのですね(これでもごくごく一部です)。
ビワやスモモといった、少しマイナーな果物を狩れる施設があるのにも驚きました。
ゴールデンウィークは終わってしまいましたが、これからの休日に
美味しくて身体に良い果物を摘みに出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地