日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

うさぎ好き必見!広島にあるうさぎ島のアクセス方法と宿泊先は?

      2015/05/09

今日、テレビでうさぎ島が取り上げられていました。
内容は悲しいものでしたが、ルールを守ればうさぎとの触れあいを楽しめますし、うさぎが傷つくこともありません。
何よりうさぎが沢山いる島に行ける!というだけでうさぎ好きには堪らないですよね。
そこで今一度、うさぎ島とはどんな所なのか、おさらいしてみようと思います。

うさぎ島とは?

うさぎ島の本来の名前は「大久野島」。
広島の瀬戸内海にある小さな島で、現在700匹以上ものうさぎが生息しているため
「うさぎ島」と呼ばれるようになりました。
しかし、もともと大久野島に野生のうさぎが居たわけではなく、
とある小学校で飼われていたうさぎが、島に放たれて繁殖した結果なのだとか。

島にいるうさぎには人に馴れている子が多く、近づいても無防備にくつろいでいます。
エサなど持っていようものなら、うさぎの方から寄ってきて、周りはうさぎ団子状態。
反対に、エサがないと無関心なところが、なんとも野生らしい。
しかし、どれだけ人懐こくても、島のうさぎを抱っこしてはいけません。
暴れたり落とされたりして怪我をしてしまうと、それが致命傷で死んでしまううさぎも居るのです。

また、大久野島には「毒ガス工場の島」という裏もあり、
日露戦争から太平洋戦争のあいだに、この島で毒ガスの兵器が作られていたそうです。
当時は隠蔽目的で地図に記されておらず、「地図から消された島」ともいわれていました。
島には現在も毒ガスの貯蔵庫や火力発電所が残っており、痛々しい記憶を伝えています。

アクセス方法は?

うさぎ島へは、忠海港から出ているフェリーに乗ると、行くことができます。
広島駅からは、新幹線で三原駅まで行ってJR呉線に乗り換え、忠海駅で降りれば港に着きます。
片道料金は3540円で、所要時間は約1時間。
お金が気になるなら鈍行で行くことも可能ですが、倍近く時間が掛かってしまいます。

忠海港から大久野島に向かうフェリーは8時半が始発で、それから2時間置きに出航しています。
大久野島までは、15分程度。
便数が決して多くないので、電車のダイヤとも相談して移動は計画的に。
大久野島から忠海港に帰る便も、最終が17時13分(2月~10月)または16時13分(11月~1月)と早めなので注意しましょう。

宿泊先は?

フェリーの時間を気にせずに1日中うさぎ島を楽しみたいなら、大久野島にあるホテル「休暇村」がオススメ。
館内には施設が非常に整っており、大久野島に沸く温泉や、瀬戸内の食材を使ったバイキングも楽しめます。
ホームページ http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/他にも広島観光を満喫したいときは、大久野島からアクセスの良い、呉や尾道にある宿が良いと思います。
尾道の坂からの景色やラーメン、呉の大和ミュージアムなど観光スポットも盛りだくさんです。

最後に

沢山のうさぎに囲まれることができる楽園のような島、うさぎ島。
気になる方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。
マナーを守って、思いやりの気持ちを持って、そっとうさぎと触れあいましょう。
可愛いうさぎに癒されたあとは、過ちを犯した歴史と向き合って、いろいろ考えてみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地