日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

東京国立博物館で刀剣乱舞の三日月宗近展示開始!混雑状況は?

   

本日5月12日から、東京国立博物館にて三日月宗近の展示が始まりました。
女性に人気のゲーム「刀剣乱舞」でレアキャラとして一躍有名になった、三日月宗近。
既に、現地には人だかりが出来るほどの人気だそうです。

展示内容は?

現在の展示内容で最も注目を集めているのは勿論、三日月宗近
国宝に指定されている、平安時代に三条宗近によって作られた歴史ある刀です。
特徴としては反りの大きい刀身が挙げられ、三日月という名が付けられるのも頷けます。
足利家の名刀として受け継がれ、永禄の変では足利義輝が三日月宗近を振るっていたと伝えられています。
展示期間は、5月12日から7月20日です。

更にタイミングの良いことに、日本で最も有名といわれている絵巻である
国宝、鳥獣戯画も展示されています。
鳥獣戯画といえば、ウサギやカエルなどが漫画のように擬人化して描かれた甲巻がよく知られていますが、
今回は甲・乙・丙・丁の4巻全てが展示され、鳥獣戯画の知られていない一面を見ることができます。
教科書などで一度は見たことのある鳥獣戯画を実際にこの目で拝めるなんて、感動もひとしおですね。
展示期間は、4月28日(火)から5月17日(日)、5月19日(火)から6月7日(日)の二回に分けられます。

東京国立博物館の混雑状況は?

三日月宗近の展示開始前から、公式ホームページがアクセスの殺到でダウンしてしまうなど
話題の沸騰していた東京国立博物館ですが、
会館直後から、早くも現地には人だかりが出来ていたそうです。
同時開催の鳥獣戯画の展示もそうとう注目されているらしく、館内の人口は普段より大分と多めで
三日月宗近が展示されている場所なんてもう大混雑!
しかし、現在は列が整備され、並び始めて5分以内には観賞できるようになっているそうです
それでも混雑は避けたいという方は、展示期間が7月20日までと長めなので、
少し落ち着いてきた日程に赴くのも良いかもしれません。

実際に現物を目にした刀剣女子からは、
「美しすぎる!」「本当に刀がすごい反ってる」「列2回目リピートしました」「展示されてる他の刀も綺麗!」
などの感動の声が続々。
騒がしかったり、ガラスを触ったり、展示の前から動かないなどのマナー違反も少し目立つそうですが、
基本的にはお互いに譲り合って、穏やかな雰囲気の会場になっているそうです。

最後に

石切丸の展示の際にも感じましたが、
刀剣乱舞のように何かきっかけがあって、歴史や国宝に興味を示す人が増えるのは素敵なことですね。
三日月宗近のほかにも、鳥獣戯画をはじめたくさんの展示物があるので、
ゆっくり見てまわりながら、歴史の産物に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
マナーを守って、気持ちよく観賞できるように楽しみましょう。

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮, 観光・お出かけ・ご当地