日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

海遊館25周年サメの展示はいつから?子どもと行けるランチ紹介!

   

1033

今年の夏、海遊館は開館25周年を迎えます。
その記念として、海遊館ではサメをテーマにした特別展示「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」と、
イベント「7/19 SHARK DAY!」が行われるそうです。
家族連れの方には特に必見の情報、夏休みに備えてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク



サメの特別展示「シャークワールド」

特別展示「シャークワールド~ハンターたちの捕食に迫る!~」は、
サメの世界をこの身で体験できるアトラクションのような展示になっています。
テーマは海のハンターであるサメの「捕食行動」。
サメの捕食といえば迫力満点の狩りを想像しますが、種類によって食事情は様々。
いろんなサメの意外な一面が垣間見えるかもしれません。
展示場の入り口にある「シャークゲージ」をくぐると、そこは海の中の世界。
青く染まる通路には、サメの歯などの器官や捕食方法が学べるパネルや動画が展示されています。
奥に進むと潜水艦の内部のようなところに辿り着き、そこには珍しい深海サメ「コギクザメ」や「ラブカ」の標本、
海遊館で生まれた赤ちゃんザメの展示も。
音や照明の効果も相まって、本当にサメを近くで観察しているような臨場感を味わいながら、
サメの不思議な生態について知ることができます。

開催期間:2015年7月17日(金)~2016年5月8日
場所:海遊館エントランスビル4F新体感エリア

記念イベント「7/19 SHARK DAY!」

イベント「7/19 SHARK DAY!」には何と、
お魚博士としてメディアで引っ張りだこの「さかなクン」が登場!
メインイベントは、さかなクンとサメ研究者の第一人者である仲谷一宏さんが、
サメの生態などを分かりやすく説明する「さかなクンと一緒にサメ博士になろう!」トークショー。
小学生に向けた内容となっているので、お子様はもちろんサメについてあまり知らない方も楽しめます。
他にも、エイ・サメ博士である海遊館館長の西川清徳さんが「シャークワールド」の展示を巡りながら
サメのちょっとマニアックな解説をする「シャークワールドツアー」や
さかなクン、仲谷さん、西川館長、海遊館のジンベイザメの飼育に携わる北谷佳万さんの4人による
サメの多様性と生態についての講演「サメトーク」も行われます。

開催日:2015年7月19日(日)
時間:「さかなクンと一緒にサメ博士になろう!」トークショー 11:00~12:00
   「シャークワールドツアー」8:45~9:30
   「サメトーク」13:30~15:00
応募締切:2015年6月30(火)
詳細::http://www.kaiyukan.com

海遊館付近の子どもと行けるランチ

お出かけついでに海遊館の近くでランチも楽しみたいところですが、
お子様連れだと、子どもも入りやすいお店を探すのが大変。
そこで、海遊館付近にある子どもと一緒でもランチのできるお店を調べてみました。

オーションビュー
ここの名物は大きくてシンプルなオムライス!
オムライスは比較的お子様も好きなメニューなので、行きやすいのではないでしょうか。
人気店なので、混雑には注意したほうが良いかもしれません。

住所:大阪府大阪市港区築港2-8-28
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜・祝日
詳細:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270402/27002742/

北極星 天保山店
天保山マーケットプレース内のなにわ食いしんぼ横丁(他にも飲食店がたくさん並びオススメです)にあるお店。
こちらもオムライスがメインのお店なのですが、カツが乗っていたりチーズが入っていたり種類が豊富。
お子様メニューもあるのでオススメです。

住所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 天保山マーケットプレース 2F なにわ食いしんぼ横丁内
営業時間:夏季は10:00~21:00
定休日:海遊館に準ずる
ホームページ

築港麺工房
天保山で話題のうどんのお店。
店内が広く、セルフサービスなので余計な気を使わなくて済むうえに、値段もお得です。
もちろん麺や出汁の味も絶品。

住所:大阪府大阪市港区海岸通1-5-25 築港ビル 1F
営業時間:11:00~15:00
定休日:無休
詳細:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270402/27081824/

最後に

ゲストにあのさかなクンをお呼びしたとは、なんとも豪華なイベントですね。
展示の方も、お子様連れの方はもちろん、水族館好きサメ好きさんも必見です。
カップルで行って、ドキドキを共有するのも良いかもしれませんね。
ランチ情報をチェックして、今年の夏は海遊館に行っちゃいましょう!

スポンサードリンク

 - 動物, 観光・お出かけ・ご当地