日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

3D映画ガンバの冒険がアニメと違う!公開日はいつ?ノロイの演出は?

   

子どもの頃アニメを見ていて、ファンだったという人も多い
ガンバの冒険が3Dで映画化されると発表されました。
発表とともにキャラクターのビジュアルも公開されたのですが、
これがアニメ版と全然違う!と話題になっています。

スポンサードリンク



ガンバの冒険が3D映画化!公開日はいつ?

ガンバ3D
引用元:http://getnews.jp/archives/997322
1975年にテレビアニメ化で一躍有名になった児童小説「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が
映像制作会社「白組」によって映画化されることが公表されました。
作品名は「GAMBA ガンバと仲間たち」。
映画に相応した壮大なタイトルになっていますね。
主人公ガンバなどのキャラクター達は、3D映画「STAND BY ME ドラえもん」などを手がけた白組により
3D化され、デザインも一新されています。

ガンバの冒険のストーリーは、白いイタチ「ノロイ」に支配された島のネズミを救うため、
ガンバをはじめとするネズミたちが、力を合わせてノロイに立ち向かうという内容です。
今回の映画化にあたり、脚本にはドラマ「リーガルハイ」などで有名な古沢良太さんを起用。
どうのようにストーリーが変貌するのか、はたまた原作に忠実な仕上がりになるのか、楽しみですね。
公開日は、10月10日からを予定しています。

アニメのガンバと全然違う!?

前述した通り、映画「GAMBA ガンバと仲間たち」では
ガンバなどのキャラクターのデザインが3D化と共に一新され、アニメとは全く異なるものになっています。
それが、従来のアニメファンの中で少々物議をかもし出しているようで、
「これは自分の知ってるガンバじゃない」等といった意見が多数見られます。
確かに、本日公開された映画ビジュアルとアニメを比べてみると、大分と違いますね。
主人公のガンバは、アニメでは2頭身で少年のような見た目でしたが、映画ではスマートな体型と顔立ちになっています。
特にアニメファンの中で人気だった「イカサマ」の変貌には驚きの声が多く、
顔立ちが渋くなって、チョイ悪オヤジのような雰囲気で、ちょっとかっこいいかも…。
と、アニメを知らない自分は冷静に見ることができるのですが、
子どもの頃からアニメのガンバの冒険が大好きでずっと見てきたファンからすると、ショックなのも仕方ないかもしれません。

しかし、今回3D化された映画「GAMBA ガンバと仲間たち」は、
あくまで原作である小説「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を映画化したもので、
原作でのガンバたちはあまりデフォルメされていない本来のネズミの姿であり、アニメとも全くデザインが違うので
アニメのガンバの冒険とは、直接関係は無いといえるでしょう。
アニメのことは一旦横に置いておいて、全く新しいものとして楽しむのが良いかもしれません。

気になるノロイの演出は?

とは言っても、アニメのガンバの冒険を知っている方からすると、もう1匹気がかりなキャラクターがいますよね。
それは、島を支配した最強の天敵、白イタチの「ノロイ」。
このノロイのアニメでの演出がそれはもう怖くて怖くて、アニメでのトラウマ級に恐ろしい敵キャラとして挙げられることも多いのだとか。
たかがイタチじゃないかと思ってしまいますが、ネスミにとってイタチは身体も大きく力も強くて凶暴で、全く敵わない存在。
そんな絶望感を味あわせる恐怖をあおるようなアニメの演出がこれまた上手くて、
キャッチーなガンバたちの見た目に対して、ノロイはホラー漫画のような劇画チックなデザインで、
白い身体に真っ赤な目と口が映え、背景は暗くおどろおどろしくなり、
アニメを見ている子どもにとっては、それはもう恐ろしいものでした。
おそらく、映画でもノロイは大きな敵として立ちはだかることでしょう。
幼少期に見ていたアニメでのトラウマは、再び蘇るのでしょうか。
大きなスクリーン上で、ノロイがどのような迫力ある登場をするのか、期待せずにはいられません。

最後に

今回のビジュアルの大きな変更でショックを受ける人が多いのも、
昔から愛され続けていた作品だという証拠かもしれませんね。
しかし、3D映画のガンバの冒険は、それを覆すほどの出来上がりになっていることでしょう。
ノロイの恐怖の演出も含めて、非常に楽しみな作品ですね。

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮