日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

のび太とキテレツがいとこ!?今明かされる衝撃の事実の真相は?

   

ネットで話題になったのび太とキテレツがいとこ設定ですが真相はいかがなものでしょうか?
と言いますが、衝撃も何もいとこ設定が今更になって発覚って・・・両作品のマンガのファンの方も知らないような内容です。噂が一人歩きして拡散されていると思いますが、その真相について紹介していきます。

スポンサードリンク


のび太とキテレツのいとこの真相は!?

ドラえもん
引用元:http://tsundere-png.tumblr.com/post/53220918435
最初にお伝えすると公式の設定ではないとのことです。
藤子・F・販売不二雄先生の原作「ドラえもん」は45巻で終了しているが、この呟きを見たら分かるように、190巻と本来ありえない巻数が販売されている。
もちろん、国内で販売されている物ではなく海外で販売されている物である。

ネットの反応では初めって知ったと言った声が沢山挙がるが、知らないのも当然である。
なぜなら、台湾の出版社が日本の小学館の許可を得て製作しているものではないからです。
ドラえもんが台湾に流通されたのが、1976年で1983年には原作に追いつきストックがなくなった為に、自主制作をすることになった。
その背景から今回ののび太とキテレツいとこ説が話題になりましたが、日本国内での公式発表はされておりません。またのび太とキテレツはいとこの説はあくまで台湾の海賊版作品が設定している物であるのであるのでご注意を!!

ちなみに青文出版社版を調べてみました。
台湾の出版社で以前は歴史書物を中心に出版活動を行っていたが、近年は日本の漫画やエンターテイメント、ファション系の雑誌を中国語翻訳で出版が主となる。
また近年は漫画だけにとどまらず、ライトノベルの翻訳にも力をいれている。

最後に

私もネットの話題を見てびっくりしました。小さい頃からどちらの作品も楽しく拝見していた経緯があったので、本当だったらびっくりと思いました.
しかし、実際に調べてみると真実は海賊版作品の設定だったとのことです。ドラえもんの二次創作が話題になることは沢山ありますよね。幻の最終回の同人誌は凄かったですね。まさかあそこまで売れるとは当初思ってもみませんでした。どんだけドラえもんが皆様から愛されているかが分かりますね。

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮