日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

店でBGMを無料で流す方法は?著作権使用料の行方は?独占禁止法との声も!

   

ほんと

6月9日に日本音楽著作権協会(JASRAC)は全国258施設の171事業者に対して民事調停を申し立てました。
著作権使用料を払わないまま店舗でBGMを流しているとのことでの手続きみたいですが、これにはネットでさすがに批難が続出しています。
ルールについて実際にかなり分かりにくい部分がありますし、著作権使用の手続きをしても権利者への還元をされないことがあるとのことで、実際にこの使用料の申請に疑問を持つ方も沢山いらっしゃいます。
実際に日本音楽著作権協会(JASRAC)が存在する為他の音楽著作権の会社が参入できないとの問題も発生しているみたいです。
音楽使用の著作権の使用料の行方はどうなるのか?店でBGMを無料で流す方法はあるのか?について調べてみました。

スポンサードリンク



日本音楽著作権協会(JASRAC)について

楽曲・歌詞の著作権を持つ作詞作曲者・音楽出版社から著作権の信託を受け著作権侵害の監視、法的責任の追及などを主な業務となる。

近年ではWEBサイトで違法配信の削除依頼が続出した為、ニコニコ動画をはじめ、YouTubeなど20の動画サイトで包括的利用許諾契約を結ぶこと問題は解決している。

店でBGMを無料で流す方法はあるの?

音楽使用料

まず結論から申し上げますと、現状は好きなBGMをお店で使用する場合は無料で流す方法はないです。JASRACと契約を結んで所定の使用料を払う以外の方法はありません。

ただ、無料とは少し違うかもしれませんが私達側がお金を払う必要がない方法は従来通りインターネット・ラジオ、衛星ラジオ、有線放送などの方法でBGMを流す他ないです。

ちなみに500㎡までは年間6000円そこから店舗面積によって最大50000円までの使用料が必要となる。

著作権使用料の行方は?

これだけ厳しくとりしまられるのだから、実際に使用したBGMの著作者に使用料が還元されるのではと思う方もいらっしゃると思いますが、実際はそうではないみたいです。

実際にJASRACによって一方的に今後も引き上げられる可能性がある。(JASRACは内部で規約をつくり徴収と分配についての采配を全て文化庁に認証させている)

JASRACは徴収した使用料の分配先は報告していません。
つまり、私達が負担している使用料が正しい所に還元されているかは不明とのことです。真実は不明ですが、公式の発表をされている訳ではないとのことなら、横領しているなどの噂もちらほら・・・

今回の件でも批難が多い中実際に不明瞭な問題に誰がお金を払いたいと思うのか?
以前はここまで取り締まりが厳しくなかったが音楽業界でCDが売れなくなったことで使用料も増えたり今後も、JASRAC都合でより取り締まりが厳しくなる可能性は十分に考えられる。

これには、独占禁止法との声も挙がるが今現在審議中とのことです。

最後に

ツイッターで歌詞を呟くだけでも違反になる可能性があるとのことで、CDが売れないくなったからと言って何でもかんでもして言いとは限らないと思いますけど・・・こんなことばかりしているから、音楽に触れる機会がどんどん減っていくのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵