日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

仙台うみの杜水族館への交通アクセスは?チケットの料金や混雑状況

   

本日2015年7月1日、仙台港の新たなスポット「仙台うみの杜水族館」がオープンしました。
東北でも有数の規模を誇る期待の水族館だけあって、オープン時には入り口に行列もできたそうです。
今回はそんな仙台うみの杜水族館への交通アクセスやチケット料金、混雑状況などの情報をまとめてみました。

スポンサードリンク




仙台うみの杜水族館の見どころ紹介!

仙台うみの杜水族館は、大スケールのスタジアムや、約100もの数の水槽を完備した
東北でも有数の規模の大きさを誇る、新たな水族館です。
大きいのは分かったけど、仙台うみの杜水族館の何が魅力なの?と疑問に思うことでしょう。
そこで、他の水族館ではなかなか体験できないような、見どころをいくつか紹介します。

仙台うみの杜水族館のシンボルともいえる、東北最大級の「うみの杜スタジアム」では、
イルカとアシカの共演するパフォーマンスを見ることができます。
スタジアムのプールには、他の水族館に見られるような仕切りがないので
イルカやアシカのショーを近い距離で見ることができ、臨場感たっぷりです。

大規模なのは、スタジアムでのパフォーマンスだけではありません。
幅13m高さ6.5mの巨大な水槽「いのちきらめくうみ」では、サメやイワシの群れなど
50種25,000匹もの海の生き物を見ることができます。
この水槽には屋根がないのも特徴的で、太陽の光を浴びながら泳ぐ魚たちを見ていると、
本物の海でダイビングをしながら魚を観察しているような気分を味わえます。
また、約2万尾ものイワシが群れを成して一斉に泳ぐプログラム「Sparkling of Life」も見物です。

海獣ひろば」では、海の生きものとの触れあいも充実。
アシカの仲間オタリアや、フンボルトペンギンに触ることのできる「フレンドリータイム」を実施しています。

仙台うみの杜水族館への交通アクセスとチケットの料金

住所:宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
交通アクセス:JR仙台線「中野栄駅」より徒歩約15分(中野栄駅から無料シャトルバスも運行しています)
「仙台駅」より仙台市営バス305系統(4番のりば)キリンビール前行き「中野高柳」下車、徒歩1分
営業時間:9:00~18:30(夏季9:00~19:30、冬季9:00~17:30)
チケット料金:大人2,100円、中高生1,600円、小学生1,100円、幼児600円、シニア1,600円
(年間パス 大人4,200円、中高生3,200円、小学生2,200円、幼児1,200円、シニア3,200円)

仙台うみの杜水族館の混雑予想

仙台うみの杜水族館は出来たばかりの新しい話題の水族館。
水族館の繁忙期である夏休みが近いこともあり、混雑具合が気になりますね。
オープン日であった7月1日の開館時間には、平日、しかもあいにくの雨でありながら、
入り口にはチケットを買う人々の長蛇の列が。
チケットを手に入れるまでに、1時間以上かかったという声もあるそうです。
イルカとアシカのショーも、もちろん満員。
オープンしてからしばらくの期間は、混雑を避けることは難しそうです。
しかも、一ヶ月もしないうちに夏休みの期間に入るので、当分のあいだは人の多い状態が続くのではないでしょうか。
焦らないという方は、夏休みの終わる9月頃を目安にして行くと良いかもしれません。
早く行きたい、でも出来るだけ混雑は避けたいという場合は、ギリギリ夏休み前の7月半ばの平日、
開館時間は避け、午後からゆっくり見に行くことをおすすめします。

最後に

仙台うみの杜水族館、水族館好きの私も前々から気になっていたのですが、
やはりオープン日は繁盛したようですね。
東北でこれだけ大規模な水族館にお目にかかれることは、なかなか無いと思うので、
交通アクセスや混雑状況をチェックして、足を運んでみてはいかがでしょうか。
関連記事
ウサギで話題のウミウシの画像で見る種類!どこの水族館で見れる?

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地