日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

USJバイオハザードザリアル3感想!整理券の待ち時間とグッズは?

   

夏休みを前にして、USJでは様々なアトラクションが始動しました。
その中で今回紹介するのは、「バイオハザード・ザ・リアル3」。
実際に体感したプレイヤーの感想や、気になる整理券の待ち時間、グッズ情報もまとめたのでチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク


USJにバイオハザードザリアル3が登場!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、7月3日から11月8日まで
バイオハザードの世界観を再現したアトラクションの第3弾「バイオハザード・ザ・リアル3」が登場しています!
バイオハザード・ザ・リアルは、生還率が限りなく0に近いという超高難易度で話題の
シューティング体験型のサバイバルホラーアトラクションです。
数人でひとつのグループを作って、再現度の高い雰囲気たっぷりのラクーンシティを歩いて進み、
どこから現れるか分からないゾンビとリアルな銃で戦うスリルは堪りません!

更にバイオハザード・ザ・リアル3では、プロジェクション・ゴーグルという世界初の技術を使用した
サバイバル・ゴーグル」を身に付けることができます。
左目につけたサバイバル・ゴーグルには、自分のライフゲージやハンドガンの残り弾数が表示され、
ゾンビが現れると、スコープでロックオンするという臨場感っぷり。
まるで本当にゾンビと戦っている気分を味わえます。
また、今年は従来の武器「ハンドガン」に加え、最強の新武器「マシンガン」が登場。
その重厚感や、引き金を引いたときの爆音や振動は手ごたえたっぷり。
弾数に限りのあるハンドガンとは違い無限に撃つことができるので、ゾンビとも有利に戦えること間違いなしです。

バイオハザードザリアル3の感想

早くもバイオハザードザリアル3を体感したプレイヤーから、続々と感想が発信されています。
まず、敵であるゾンビですが上部やら通路の窓やら扉を開けた先やら、とにかく様々なところから出没します。
後ろから追いかけてきたり広場では四方八方から攻めてきたり、もう気が休まらない!
プレイヤーからは「こんなの脱出できるわけない!」という声も。
もはやひとりでは太刀打ちできないので、チームでどの方向を守るか担当を決めておくと良いでしょう。
また、サバイバル・ゴーグルが登場したことによって、自分のライフゲージや残り弾数が常に見え、
道中には回復をするスポットもあるそうで、従来のゲームっぽさが増しているそうです。
これ以上はネタバレできませんが、他にもバイオハザードらしい演出が盛りだくさん!
叫びすぎて声が枯れた…」というプレイヤーもいたぐらいの、スリル満点のアトラクションに仕上がっていることでしょう。

整理券の待ち時間とグッズは?

バイオハザードザリアル3に参加するために必要な整理券ですが、
エリア内のステージ14で配布されており、
バイオハザードザリアル3の入場ゲートからしばらく直進すると、右側にあります。
無料で1名につき1枚の配布で、代表ひとりが複数枚をまとめて受け取ることはできません。
気になる待ち時間ですが、平日なら10分ほどで手に入れることができたという情報がある一方で、
今までのバイオハザードザリアルでは1~3時間待ちの列が発生したことも。
整理券の数には限りがあり、人気ですぐ無くなってしまうので、
バイオハザードザリアル3が目当ての場合は、真っ先に整理券の配布場所に向かうことをおすすめします。
現在は、妖怪ウォッチなど他の人気アトラクションにも人が流れているので、
開園直後ならスムーズに整理券を貰うことができます。今がチャンスかも!?

バイオハザードザリアル3とカプコンのコラボフードやグッズももちろん登場。
骨付き鶏などを豪快に盛り付けた「アンブレラ・サバイバルフード」や気分爽快「調合ハーブ」を頬張れば、
あなたもサバイバルメンバーの一員です。
「t-ウイルス ネックレス」や、自分の写真を入れ隊員になりきれる「S.T.A.R.S.IDフォト」などのグッズも。
バイオハザードのファンなら欲しがること間違いなしですね。

最後に

自分はまだUSJのリアル系アトラクションには行ったことがないのですが、
調べているだけでも再現度がすごいですね。行ってみたくなりました。
この夏はバイオハザードザリアル3で、ゾンビと戦うスリルを味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事→2015夏USJにミニオン水鉄砲が登場!気分はスプラトゥーン!
富士急ハイランド絶望要塞2の混雑状況と感想は?少しネタバレ攻略法も!
     →2015大阪京セラドーム謎解きゲーム迷宮の館2感想!期間はいつまで?

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮, 観光・お出かけ・ご当地