日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

水遊びもできる刈谷ハイウェイオアシスの混雑は?温泉の割引情報も!

   

バイキングで紹介された今話題のパーキングエリア兼テーマパークの「刈谷ハイウェイオアシス」。
子どもが水遊びできる施設もあるので、夏休みの利用にもおすすめです。
そこで、刈谷ハイウェイオアシスについて、混雑対策や温泉の割引も含めて調べてみました。

スポンサードリンク

水遊びもできるパーキングエリア刈谷ハイウェイオアシスとは?

刈谷ハイウェイオアシスは、三重から愛知、静岡に続く伊勢湾岸道高速道路の途中にある
刈谷パーキングエリアと直結しているレジャー施設です。
その入場者数はディズニーランド、ユニバーサルスタジオジャパンに次ぎ
全国のテーマパークの中でも第3位というから驚きです。
この刈谷ハイウェイオアシスは、パーキングエリアでありながら一般道からの入場口もあり、
高速道路の利用者だけでなく地元の人々にも利用されているので、毎日多くの人が訪れているそうです。

普通のパーキングエリアにもあるフードコートや市場ももちろん充実していますが、
子どもが喜ぶ遊具や観覧車、ミニ遊園地に極めつけは温泉まで施設が揃っており、
夏には水遊び場もオープンし、暑い季節に親子で遊びに行くのにぴったりです。
また、パーキングエリアに寄るいえばトイレですが、
こちらの女性用トイレは「デラックストイレ」といわれ、絨毯の床にソファー、品のあるインテリアと
リッチな待合室のような空間になっており、そちらでも話題を呼んでいます。

刈谷ハイウェイオアシス詳細
場所:愛知県刈谷市東境町吉野55
アクセス:(車)伊勢湾岸自動車道「豊明IC」より東へ約5km
(電車)JR刈谷駅より刈谷市公共施設連絡バス「刈谷ハイウェイオアシス」下車
ホームページ

刈谷ハイウェイオアシスの混雑は?

全国のテーマパークで第3位の入場者数を誇るだけあって、もちろん混雑も耐えません。
入場するだけで2時間待ち、なんてことも多いようです。
遊園地のアトラクションもフードコートも満員!
少しでも混雑を避けるには、どうすれば良いでしょうか。

平日の朝早くに行く!
当然のことではありますが、休日の方が混雑がひどく
観覧車がオープンする10時頃には、もう駐車場がいっぱいになってしまいます。
しかし、平日も決して空いているわけではなく、昼頃には多くの人が訪れるので、
平日の10時頃までに着くようにしておきましょう。

遊園地は最初に行く!
遊園地では、乗り物エリアのゴーカートや50円というリーズナブルな乗り物が大人気。
昼頃には長い行列ができてしまいます。
そのため、朝早くに到着して最初に利用してしまえば、
混雑も避けられますし、後はゆっくり他の施設を楽しめます。

フードコートは時間をずらして!
フードコートなどお食事処も、もちろん昼間は混雑するので、
できるだけ早めに利用しましょう。
朝早くは苦手だしあまり早くに行ってもお腹も空いてない…という方は
時間をずらして遅めに行くのもおすすめ。
夕方頃に食事をして、暗くなってきた頃に観覧車や噴水のライトアップを楽しむのもいいかもしれません。

温泉「かきつばた」の割引情報!

こちらも刈谷ハイウェイオアシスの人気スポット、天然温泉「かきつばた」。
運転の疲れを癒したい高速道路利用者や、銭湯がわりに気軽に利用している地元の人々で賑わっています。
温泉の料金は、大人(中学生以上)820円、小人410円なのですが、
200円でかきつばた温泉の会員になれば、毎回50円引きの770円で利用することができます。
普段使いをする方は、会員になった方が断然お得ですね。
また、11回分で8,200円(会員7,700円)という一回分が無料になる回数券もあります。
更に、子ども連れにはファミリーDayがおすすめ。
会員であれば、ファミリーDayに利用すると子ども1名の料金が、なんと無料
加えて、3歳までのお子様はもともと無料なので、子ども料金は特に良心的で嬉しいですね。
自分に合った割引サービスをどんどん利用しましょう。

最後に

自分もテレビで初めて知ったのですが、こんなに楽しめるパーキングエリアがあるなんて驚きですね。
高速道路を利用したときは是非訪れてみたいです。
人気のスポットなので、混雑や割引を事前にチェックして、快適に利用したいですね。

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地