日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

ウサギで話題のウミウシの画像で見る種類!どこの水族館で見れる?

   

最近、ウサギにそっくりだと話題になったウミウシがいましたが、
これをきっかけにウミウシという生きものに注目が集まっています。
そこで、様々な種類のウミウシを画像つきで少しだけご紹介します。
ウミウシの見られる水族館もいくつか挙げたので、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

ウミウシの画像で見る種類!

https://twitter.com/orangeflower08/status/621452169967874048
ゴマフビロードウミウシ
見た目がまるでうさぎのようだと話題になったのはこの種類。
白い身体にごまのような黒い模様がついており、黒い耳のような触覚がついています。
ただし、このような白いものは稀で、だいたいは黄色や橙色なのでそうです。

ピカチュウウミウシ
こちらも以前話題になった、ピカチュウに色がそっくりなウミウシ。
ピカチュウウミウシは通称で、和名はウデフリツノザヤウミウシというそうです。

テングモウミウシ
これまた派手な見た目をしたウミウシですね。
緑色の触手が特徴的。
葉っぱのヒツジともいわれるそうです。

他にもこんなにいろんな色や形をしたウミウシが!
これでもまだごくごく一部で、ウミウシには1,000種類以上もの仲間がいるそうです。

ウミウシはどこの水族館で見れる?

あわしまマリンパーク(静岡)

沼津市にある無人島、淡島にある水族館。
こちらでは先ほど紹介したうさぎにそっくりなゴマフビロードウミウシを見ることができるそうです。
他の種類のウミウシもおり、ウミウシを擬人化したキャラクターが水族館のシンボルなくらい。
また、日本一の規模を誇るカエル館では、世界中のカエルの種類を見ることができるなど、
マニアックな生きものの展示が特徴です。
夏休みにはペンギンの流しそうめんのイベントも!

場所:静岡県沼津市内浦重寺186
アクセス:JR「沼津駅」よりバス大瀬崎長浜江梨木津方面「あわしまマリンパーク下車」
営業時間:9:30~17:00
入場料:大人1,600円、小人800円

海遊館サテライトギャラリー(大阪)

海遊館サテライトギャラリーは海遊館の隣、天保山マーケットプレースにあるイベント会場。
そこでは現在、期間限定でウミウシを見ることができる「minimini水族館 海の宝石ウミウシ展」を開催しています。
大阪湾に生息する色とりどりのウミウシは、まるで宝石のように綺麗。
海遊館ではこちらも期間限定で、サメの特別展示が行われているので要チェックです。

期間:2014年7月19日(土)~2015年10月4日(日)
場所:大阪市港区海岸通1-1-10天保山マーケットプレース3F
アクセス:大阪市営地下鉄中央線「大阪湾駅」より徒歩5分
営業時間:11:00~20:00
入場料:無料

最後に

ウミウシは派手な色や形をしているものが多くて面白いですね。
自分好みの可愛い種類を見つけてみてもいいかもしれません。
実際に見たい方は、ウミウシのいる水族館に行くことをオススメします!

関連記事→海遊館25周年サメの展示はいつから?子どもと行けるランチ紹介!

スポンサードリンク

 - 動物, 観光・お出かけ・ご当地