日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

2015万博公園イルミナイトの期間はいつから?8月のイベント一覧

   

夏は暑いので、昼間に出かけるのは熱中症の心配もあるし、疲れますよね。
そこで、少しでも涼しい夜に、イルミネーションを見に行ってはいかがでしょうか。
万博公園では、夏のイルミネーション「イルミナイト万博 -夕涼みー」が開催されます。

スポンサードリンク

2015万博公園イルミナイトの期間はいつから?

万博記念公園で開催されるイルミネーション
イルミナイト万博 -夕涼みー」のメインイベントは、
太陽の広場で上映される、ウォーターアートプロダクション「Phantasm(ファンタズム)」。
こちらは、アーティストチーム「ATWAS(アトワズ)」によって手がけられた作品で、
ウォータースクリーンやミストオーロラなど、
水に映像を映し出す技術を駆使したものになっています。
綺麗なだけでなく涼しげで、夜も蒸し暑い夏にはちょうどいいですね。
生命の誕生、自然、歴史、文化などといった、太陽の塔の記憶がモチーフになっており、
見ている私達も太陽の塔の記憶の中に迷い込んだような、幻想的な気分に浸れることでしょう。

また、東大路でもイルミネーションの装飾が行われ、
美しい光に囲まれたイルミストリートに。
B級グルメの屋台や縁日、子どもの喜ぶバルーンの遊具も登場し、
お祭り広場では、期間中なら手持ち花火で遊べるようになるそうです。

開催期間:2015年8月7日(金)~16日(日)。
開催時間:16:00~21:00(入園は20:30まで)
会場:万博記念公園(太陽の広場、自然文化園、東大路、下の広場、お祭り広場)
アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」下車すぐ

万博記念公園の8月のイベント一覧

万博記念公園ひまわりフェスタ

絵に描いたようなひまわり畑で、様々な種類のひまわりを見ることができます。
万博公園のひまわりは、太陽の塔の方を向いて咲くのだとか。

開催期間:7月25日(土)~8月18日(火)
休園日:毎週水曜日
開園時間:9:30~17:00(入園は16:30まで)
場所:自然文化園 チューリップの花園

インターナショナルキャンプ

今年で6回目を迎える、小中学生向けのキャンプイベント。
留学生のリーダーの下、自分たちでテント設営やカレー作りを行い、
自立心と英語力を楽しく学ぶことができます。

開催日程:8月4日(火)~8月5日(水)
対象年齢:小学2年生~中学3年生
参加費用:12,000円

夏の昆虫観察会

セミなど、夏に万博公園で見られる昆虫を観察します。
自由研究にも役立つかも?

開催日程:8月9日(日)
開催時間:13:30~15:00
場所:自然観察学習館
料金:1名100円

手作り教室「エコな素材で太陽の塔をつくろう」

トイレットペーパーの芯で、かわいい太陽の塔ができちゃいます。

開催日程:8月16日(日)
開催時間:13:00~、14:00~、15:00~
場所:EXPO'70パビリオン 1Fホワイエ

事前に申し込みが必要なものもあるので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

最後に

水に映像が映るイルミネーションなんて見たことがないので、どんなものか気になります。
涼しげで幻想的なのでしょうね~。
万博公園に行った際は、夕方にひまわりを見て、
夜にはイルミネーションを楽しむのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 - 観光・お出かけ・ご当地