日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

映画ミニオンズのあらすじとネタバレ感想!ミニオンの喋る言葉の意味とは?

      2015/08/02

本日、7月31日から上映が開始された映画「ミリオンズ」。
今回は、ミニオンズのあらすじや感想から、映画の魅力に迫っていきます!
謎が多い、ミニオンの喋る言葉の意味についても調べたので、
これから映画を見に行く方も、予習として参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

映画ミニオンズのあらすじ

黄色くてコミカルな生き物「ミニオン」は、
太古の昔からその時代時代で、最も強いボスに仕えながら生きてきました。
恐竜の時代にはティラノサウルス、エジプトではファラオ、
革命期には、何とナポレオンにまで。
しかし、誰も彼もが失敗ばかりで、すぐにミニオンの前からいなくなってしまい、
とうとう仕えるボスがいなくなってしまうという事態に。
生きる気力を失ったミニオン達ですが、そんな時に
ケビン、スチュアート、ボブという3匹のミニオンが立ち上がり、
最強のボスを探す旅に出かけることに。
世界中の悪党が集結する祭典に遭遇することのできた3匹は、
そこで女性の悪党、スカーレットに出会います。
そこから始まるミニオンたちのハチャメチャな物語。
ミニオンたちは、どうやって怪盗グルーの手下になることができたのでしょうか?

ミニオンズのネタバレ感想!

映画「ミニオンズ」に対する感想で一番多かったのは、やっぱり
「ミニオンが可愛い!」
ハチャメチャに暴れまわるミニオンの姿は、
へんちくりんでありながらどこか愛嬌があり、
お客さんのハートをがっちり掴んだそうです。
それだけ聞くと、子どもには受けるだろうけど…と思いがちですが、
ただのドタバタコメディではなく、パロディネタやブラックジョークも盛り込まれていて
大人もクスっと笑ってしまうシーンが盛りだくさんなんだとか。

また、映画の舞台になった、60年代の欧米のカルチャーが存分に盛り込まれていて、
その時代を懐かしめる方にも堪らない作品になっていることと思われます。
音楽ひとつを取っても、オープニングからタートルズの曲で始まり、
皆様ご存知のビートルズやザ・ローリングストーンズ、ジミ・ヘンドリックスなど…
世代によって、楽しみ方の変わる映画だなあと感じました。

あえてストーリーのネタバレは避けますが、子どもも大人も楽しめる映画になっているので、
是非ご自分の目で、ミニオンの行く末を確かめてみて下さい。

ミニオンの喋る言葉の意味とは?

映画でも存分に魅力を発揮してくれるミニオンたちですが、
そんなミニオンの喋る言葉が気になるという声が多いのだとか。
映画「ミニオンズ」を観た方々からも、
「何でバナナーだけはちゃんと喋れるんだ?」「ヤキトリって言った!?」などといった
ミニオンの言葉に関する疑問が次々と生まれています。
前作のルノー監督によると、ミニオンズの言葉は
意味を成さない早口言葉と、様々な国の言語で出来ているそうです。
英語やスペイン語、あるときは日本語まで使われているので、
所々のシーンで日本人の私達も、ミニオンの言葉に驚かされるのですね。
その一方で、ミニオン独自の言語も存在するらしく、
Helloと発音が似ている「ベロー」はこんにちは、「タンキュー」はありがとうなど
他にも様々なミニオン語が盛り込まれているそうなので、そこに注目して
解読してやる意気込みで映画を観るのも良いかもしれません。

最後に

ミニオンが登場するシリーズで触れた作品は、今回のミニオンズが初めてなので、
ミニオンがどういう生きものなのかが分かりやすく、彼らの魅力が詰まった今作で、
ミニオンのファンになってしまいそうです。
大人だからこそ理解して喜べるシーンも多々あるので、
子どもが観る映画だし…と思っている方にも、是非おすすめしたいです!

関連記事
2015夏USJにミニオン水鉄砲が登場!気分はスプラトゥーン!?
実写映画進撃の巨人のネタバレ感想!シキシマの評価は?ハンジは満点レベル?
バケモノの子最後までネタバレ感想!チコの正体は?一郎彦と蓮の対比とは?
映画ジュラシックワールドネタバレ感想!ラプトルが可愛い!タイタニックを超える?

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮, 映画