日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

2015年の十五夜はいつ?うさぎの由来と関西のお月見イベント!

   

9月といえばお月見!
しかし、今年の十五夜はいつなのか、十五夜にはどんな意味があるのか
皆様はご存知でしょうか。
せっかくなら、きちんと知ってから十五夜のお月見を楽しみましょう!
関西のお月見イベントも紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

2015年の十五夜はいつ?

十五夜は、「中秋の名月」ともいわれ
空が澄み渡って特に月が綺麗に見える、9月中旬から10月上旬の間に
満月になる日のことを差しています。
つまり、満月を見るのに一番ふさわしい日ということです。

旧暦では8月15日が十五夜とされていますが
旧暦は月の満ち欠けで決まっていたので日付が固定されているのに対し
新暦は日の入日の出が基準になっているのでズレが生じ
十五夜の日付は毎年変わります。
今年、2015年の十五夜は9月27日(日)
ちょうど日曜日なので、みんなでゆっくりお月見をしたり、
イベントに参加したりするにはピッタリですね。

十五夜と月のうさぎの由来

もともと十五夜とは、満月の日を意味し
月が新月から満月になるのに約15日かかるため
「十五夜」という名前がつきました。

お月見の文化は、平安時代からのものらしく
月を直接見るのは縁起が良くないとされていたので、池や杯など
水面に映った月を見て楽しむのが、貴族の道楽だったのだそうです。
江戸時代になると、その風習が庶民のあいだでも広まり
月は豊作の神様として崇められ
十五夜は、秋の食物などの収穫に感謝するお祭りとなったのです。
お団子をお供えするのも、収穫できたものを捧げ、神様に感謝するためです。

そしてお月見といえば、月にうさぎがいるとよくいわれるのですが
日本に伝わるおとぎ話、仏教の説話が由来だといわれています。

帝釈天という神様のおじいさんが空腹で死にそうになっていたところを
3匹の動物たちが食べ物を持ってきて助けてあげようとしたのですが
うさぎだけが食べ物にありつくことができませんでした。
しかし、うさぎは自分の身を火の中に投げ出し
自分を食べてもらおうと命をおじいさんに捧げました。
おじいさんはとても悲しんだあとにうさぎの清らかな心を評し
うさぎの魂を月の中に蘇らせました。

そのため、月にはうさぎがいると今でも言い伝えられているのです。
確かに、模様がうさぎに見えるといわれただけでは、ちょっと無理がありますもんね。

関西のお月見イベント!

大覚寺大沢池 観月の夕べ(京都)

日本三大名月鑑賞地のひとつともいわれる大覚寺の大沢池で
嵯峨天皇と同じように船を浮かべて、月を鑑賞することができます。

日程:2015年9月25日(金)~27日(日)
時間:17:00~21:00
場所:京都市右京区嵯峨大沢町
アクセス:JR山陰本線「嵯峨嵐山駅」より徒歩15分

采女祭り(奈良)

奈良で古くから伝わる、中秋の名月に行われるお祭り。
三条通でパレードが行われたり、池に船を浮かべたりします。

日程:2015年9月27日(日)
場所:采女神社、猿沢池、三条通
アクセス:各線「奈良駅」より徒歩

最後に

十五夜や月のうさぎには、こんな由来があったんですね。
確かに、模様がうさぎに見えるといわれただけでは
ちょっと無理がありますもんね(笑)
今年の十五夜は日曜日なので、どこか名所に出かけて
イベントを楽しみながら月を見るのもいいかもしれません。

関連記事
竹田城跡のアクセスや観光情報に宿泊施設!雲海の見ごろの時期はいつ?
2015大阪の紅葉見頃はいつ?夜も楽しめるおすすめ穴場スポット!
2015関西彼岸花のおすすめ名所へのアクセス一覧!見頃はいつ?2015年8月17日

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, 観光・お出かけ・ご当地