日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

映画ピクセルのネタバレ感想!登場するゲームとエンディングは?

   

9月12日から公開し、13日までの全国映画動員ランキングで見事トップに輝いた
8bitのゲームキャラクターが暴れまわるハリウッド映画「ピクセル」。
今回は、そんなピクセルのあらすじやネタバレ感想をまとめました。

スポンサードリンク

映画ピクセルのあらすじ

30年前のこと、NASAは異星人との交流する目的で、地球を紹介する映像を宇宙に発信していた。
しかし、それを受け取った異星人は自分達への宣戦布告だと勘違いしてしまい
現代になった今、異星人が映像に含まれていた8bitのゲームキャラクターに扮して
地球を侵略しに来た!
地球の危機に立ち上がったのは、ゲームチャンピオンになった経験のあるオタク達。
オタクがゲームで得た技術を駆使して活躍し、救世主になって世に認められる。

という内容です。
オタクがどのようにゲークキャラクターと戦うのかとても気になるところですね!

ピクセルに登場するゲームキャラクター!

実際にピクセルを見た方の感想の前に
ピクセルに登場する人気ゲームキャラクターを少しご紹介します。

パックマン

パックマン
引用:https://pass.auone.jp/app/detail?app_id=1811800000022

おそらく一番目立っていたのが、このパックマン。
80年代に大ヒットした、迷路の中でゴーストをかわしながら
ドットを食べてクリアするゲームの操作キャラクターです。
映画内では、苦手なゴーストに似せた車で
パックマンを追い詰めるシーンが!

スペースインベーダー

インベーダー
引用:http://www.freshnewsdelivery.com/?itemid=2766

世界初となったシューティングゲームに登場する敵。
ゲームの通り、横移動をしながらジワジワ迫り寄ってきます。
宇宙人が侵略しに来たという今回の映画のイメージにぴったりですね。

センチピード

センチピード
引用:http://game256.blogspot.jp/2008/06/centipede-1983-atari-2600.html

アメリカで人気のあったシューティングゲームの敵キャラ。
ムカデのような長い身体が特徴です。

他にもおなじみマリオシリーズの元祖、ドンキーコングなど
様々なゲームキャラクターが登場。
あなたは、いくつ知っているでしょうか?

映画ピクセルのネタバレ感想!

それでは、気になる感想や評価を見てみましょう。

劇中のゲームはひとつも知らないんですがとにかく映像と息つく間もないコメディ要素がよかった

確かに予告を見ただけでも、映像のすごさは伝わってきましたね。
深く考えずドタバタコメディを楽しみたい方には、ぴったりの作品だったようです。

ゲームがモチーフだしハリウッドだし人が死んだり悪役もいるのかなと思ったら、誰も傷つかないちょー平和的な映画で驚いた。

確かにハリウッド映画というとガチなシリアス展開を想像しがちですが、平和な内容でよかったです。

アダム・サンドラー含めたギーク(訳では「オタク」)たちが活躍して認められていく展開は、ベタだけど好き。

今こそオタクが立ち上がるとき!ですね!

パックマン生みの親の岩谷さんが出てきたりして面白さだけではなく、レトロゲームにかける愛を感じ取れました。

まさか、そんなゲーム界の有名人まで登場しちゃうとは。
(引用:https://filmarks.com/pc/detail/58340)

また、エンディングでもドット絵や8bit時代のゲームが好きな方には
堪らない演出があるそうで
映画の主題歌である中田ヤスタカさんプロデュース
モデルの三戸なつめさんが歌う「8ビットボーイ」との
相性も抜群なのだそうです。

最後に

古き良きゲームの魅力が存分に発揮された
面白い映画になっているそうですね。
エンディングまで8bit要素がてんこ盛りなので
最後まで席を立たずに観ることをおすすめします!

関連記事
映画テッド2あらすじネタバレ感想!タミとテッドの結婚生活とパパに?
映画心が叫びたがってるんだ。舞台は秩父!キャストとあらすじは?

スポンサードリンク

 - 漫画・アニメ・ゲーム・特撮, 映画