日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

学校へ行こう!2015未成年の主張の先生の言葉が深い!懐かしのメンバーも登場!

   

2015にV6が結成20周年ということで「学校へ行こう!」が一夜限りの再開をしました。これを言うと年齢がばれてしまいますが(笑)、丁度ピンポイントの世代だったので凄く懐かしく思えました。

当時は「学校へ行こう」が放送された次の日はクラス内が放送内容の話題で持ちきりなぐらい見てた記憶があります。今回の懐かしい場面の紹介でも放送されていましたが、癒し系ミュージシャンやB-RAPハイスクールなど個性が強い人達は今でも覚えていて懐かしいのと同時に今の中学生高校生ぐらいの子は知らない子もいるんだろうなと思いながら見てました。

また当時未成年の主張に出たかったという先生の気持ちも分からなくもないです。それぐらい「学校へ行こう!」は学生の間では当時の人気番組だったのです。

スポンサードリンク

学校へ行こう2015感想

まず感動したのが、未成年の主張に応募して頂いた学校の先生が最後に主張した内容が深かったので紹介しておきます。

「見逃し三振より空振り三振」と言う座右の銘を紹介して頂きました。中学生や高校生の世代には中々共感しにくいかとは思いますが、要するにやりたい事を我慢して後になって後悔するとずっと悔いだけが残るのでやりたいことに挑戦しようねという意味合いだと解釈しました。


学生時代は時間を持て余す子も少なくはないと思います。当時「学校へ行こう!」を見ていた私も当時の年齢でこの言葉を聴いてもピンとこないと思います。

ある程度年を重ねていくとあの時あれをやっていたら良かったなと思うことがやっぱり出てきます。ですので、この先生の語った内容は今は響かなくても大きくなったら大体の人が共感できると思います。

勉強に部活動、恋愛や遊びこの時にしか出来ない経験は沢山あるので学生の子達は悔いだけは残らない学校生活を送ってもらいたいですね。

でも思い返せば、恐らく20代中盤の方ぐらいの人達にとっての「学校へ行こう!」は見ていないと翌日のクラスの話題についていけないぐらいの人気番組だったと思います。
https://twitter.com/loopchamp/status/661535828980580352
未成年の主張、B-RAPハイスクール、癒し系ミュージシャンなどは必ずと言っていいほど翌日の友達の話題に挙がるぐらいでしたので・・・
オムニバス/卒業(「学校へ行こう」癒し系ミュージシャのCD詳細はこちら

OK伊東さんの歌っていた歌詞を今でも覚えていたぐらいなのでかなりインパクとが強かったようですね!


あとミック入来さんこの人が歌っていると先生がムッとする顔が映されていたなと当時を思い出しますね!
https://twitter.com/EveryDay0118/status/661502293527785472

確か癒し系ミュージシャンの企画が終わりその後にB-RAPハイスクールが始まった気がしましたが、これも
軟式globeさんムーシャさん、チゲ&カルビさん、コー慶應さん、尾崎豆さんなど懐かしいですね。

当時クラスの中でも絶大な人気だったのが軟式globeさんでしたね。本家のglobeさんの前で歌を披露したこともありましたが、今もパークマンサーさんが名前を改名「三代目パークマンサー」として活動しているみたいです。

当時を思い出すV6の色々なキャラ作りがまた懐かしいので涙出そうです!
ドライバー坂本さんとナビノ博


厚底ジェイソン


少年オカダ


大袈裟先生


マーサ坂本


ミヤケンコ


佐藤部長とみのりかわ乙女団がこれまた懐かしいですね


マッキーさんに関しては七星結女さんとしてニューハーフになっていてるみたいです。


灘6に関しては夢をかなえているようでしたので凄いなと思います。


東京ラブストーリーのメンバーでお馴染みだった
永谷さん、マサーシーさん、だぜさんとサオリさんとミホさんもこれまた人気企画だったので懐かしいです。

面影があるのがまたなんとも言えませんね。
https://twitter.com/catch22boots/status/661529655141240832

https://twitter.com/SyokichiMaaya/status/661525685941305345


ちなみにダボハゼはこんな感じみたいです。


マサーシー ロマンスは残念ながら聞けませんでしたね。


小学1年生ながらこの主張が出来る感性が素晴らしいです。この子の主張についつい涙が・・・
https://twitter.com/mamamaaaaa78/status/661509879832580096

最後に

学校へ行こう!を知らない世代も楽しめた3時間だったのではないでしょうか?レギュラーで放送してくれないかな?今の学生達にもこういう番組が必要だと思いますが・・・

スポンサードリンク

 - テレビ番組