日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

七草粥はいつ食べるのが正しい?由来や効果効能は?

   



七草粥は、1月7日の朝に七草が入ったお粥を食べます。七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロです。七草粥には邪気を払うという意味もあり、一年のを願い食べます。また、正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。

スポンサードリンク

七草粥とは?

七草粥の由来は?

古代中国から伝わった風習です。
1月7日は人日(じんじつ)の節句と言われています。
人日(じんじつ)とは、古代中国で元日から動物に当てはめて占うものです。
1日→鶏
2日→狗
3日→猪
4日→羊
5日→牛
6日→馬
7日→人
その日の動物を大切にしなさい。という意味があります。そして、1月7日を人日の節句という五節句になりました。

元々、七草粥を食べる風習は皇族や貴族のみで食べていましたが、七草が江戸時代に公式行事になり民衆も食べるようになりました。

七草粥には、7種類の野菜を入れた汁物(七種菜羹(ななしゅさいのかん))を食べ無病息災・五穀豊穣を祈るという意味があります。

七草粥を作るときに歌う歌があります。1月6日に七草を用意し、すりこぎやおろし金などで細かく刻みます。この時に下記の歌を歌います。
『七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン』
そして1月7日の朝に七草の入ったお粥を作り食べます。

七草の効果・効能

七草、それぞれに効果があります。

セリ

解熱効果・整腸作用・利尿作用・食欲増進・血圧降下
消化を助け黄疸をなくす効果
ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・カルシウム

ナズナ

利尿作用・止血作用・解毒作用・視力・五臓に効果
ビタミンA

ゴギョウ

咳・痰・のどの痛み・吐き気に効果

ハコベラ

胃炎・歯槽膿漏

ホトケノザ

食欲増進・歯痛

スズナ

消化促進・しもやけに効果・リラクゼーション効果・そばかす予防
ビタミンC・ビタミンK・カルシウム・鉄分

スズシロ

風邪予防・美肌効果・神経痛に効果

七草粥のレシピ

ご飯から作る簡単七草粥
(1)材料(4人分)
・七草・・・適量
・ご飯・・・2杯分
・本つゆ・・大さじ4
・水・・・・300ml
(2)作り方
1・七草は細かく刻みます。
2・鍋に本つゆと水を合わせて煮立たせ、ご飯を入れて煮ます。
3・水分がなくなる直前で七草を加えて、さっと火を通して止める。
※基本は本つゆを入れずに塩で作りますが、今回は本つゆの味付けを紹介しました。また、しょうゆでもみそでも作れます。
※最近は、スーパーで七草セットが販売されています。

最後に

七草粥は低カロリーで体にとってもいいです。お正月で食べ過ぎやお酒の飲みすぎで弱った胃にもピッタリです。1年の健康を願いながらぜひ食べてください。

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵