日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

成人式の振袖はレンタルと買うのどっちが安い?料金の相場は?

   

成人式の時期が近づいてきましたね。
振袖はどのようなものにするか、買うのか、レンタルするのか
あなたはもう決まりましたか?
振袖をどうするか考えるときに、まず気になるのは買うのとレンタルするのと
実際のところどっちが安いのか、ですよね。
そこで今回は、成人式に着る振袖にかかる料金の相場を
買う場合とレンタルの場合に分けてまとめました。
また、双方のメリットとデメリットも紹介するので
まだどちらか悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

成人式の振袖にかかる料金の相場は?

振袖を買う場合

ひとことに振袖といっても、もちろん値段はピンからキリまでありますが
そこまで高価でない、平均的な振袖を購入する場合、肌着や腰紐など小物も含めて
相場はだいたい20万円から30万円くらいといわれています。
ただ、最近はお手軽に買える振袖も増えてきており
安いものを選べば5万円くらいからでも購入できるものもあるのだとか。

振袖を買うメリットとしては、一回限りでなく必要なときに何度でも着られることや
将来、自分の子どもや親戚などに譲れることなどが挙げられます。
あと、他の人が着ていない個性のある振袖を選べるのも強みなので
もし気に入った色や柄の振袖が見つかったら、思い切って買うのもアリかもしれませんね。
デメリットは、手入れが必要なこと。
レンタルは借りて返すだけで終わりですが、買うとずっと自分で綺麗に保管しておかなければならないので
面倒だという方にはおすすめできないかも。

振袖をレンタルする場合

振袖をレンタルする料金の相場は、3万円から5万円ほど
安いものを取り扱うところならば2、3万円でも借りられるそうです。
しかし、レンタルの場合、申し込む時期によっても料金が異なり
前年の10月頃までは安値でレンタルされているところが多いですが
11月、12月になってくると、安くで借りるのは難しくなってきます。
そのため、レンタルする場合は出来るだけ早めに申し込みをしておきましょう。

振袖をレンタルするメリットは、手入れを自分でする必要がなく
手軽に振袖を着られること。
着付けなども同じ業者にまとめてお願いすることができ、手続きが楽に済みます。
デメリットは、当たり前のことですが、成人式が終わればもう振袖を着ることはできないこと。
次回また着る機会があれば、再びレンタルする必要があります。
また、種類が少なめなので、サイズが合わなかったり、気に入った振袖が見つからない場合もあります。

成人式の振袖はレンタルと買うのどっちが安い?

それでは、結局レンタルする場合と買う場合、どちらが安く済むのでしょうか。
成人式の一回だけを考えれば、前述のとおりレンタルは3万、購入は20万と
もちろんレンタルの方が安いですが
成人式のあとにも振袖を着る機会があるなら、単純にその回数が多ければ多いほど
購入した方がお得になってきます。

先のことはまだ分からないかもしれませんが、振袖をこれからどのように着るかで
どちらの方が安いかは決まってくるので
一度どうするか考えてみると良いかもしれません。
また、料金だけでなく、双方のメリットとデメリットを把握して
自分にはどちらの方が合っているのか照らし合わせる必要もありますね。

最後に

成人式は、人生に一度のイベント。
料金の安さも大事ですが、後悔しないようにどのような振袖を着るのか
自分なりに考えて決めるのが大事だと思います。
ちなみに私は、リサイクルショップで中古のものを安く買いました。
なかなか良い柄でしっかりした振袖だったので、目当てのものが見つかれば
中古もアリかもしれませんね。

関連記事
成人式振袖の髪型!編み込みのロングとショートの上品なやり方動画!

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, ファッション