日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

正月太りの原因は餅やおせち一人前のカロリーは?解消運動方法は?

   

正月太り
引用元:http://www.kouraininjin.com/sukoyaka/useful/201212/topic02/topic02_1.html

年末年始の楽しいイベントが終わったら、待っているのは正月太り。
楽しく過ごした正月が明けて自分の体重と向き合ったときに後悔してしまうことはありませんか?正月太りの原因は何でしょうか?
また、正月太りを解消するにはどうしたら良いでしょうか?正月太りの解消には、食生活の改善や運動やむくみをとるマッサージ等が効果的です。この記事では正月太りにおすすめの運動についてご紹介します。

スポンサードリンク

正月太りの原因

忘年会

引用元:http://barber-hide.com/1847.html
宴会による食べ過ぎ、飲み過ぎ
クリスマス
忘年会
新年会

年末年始はイベントが目白押しで高カロリーのものを食べ過ぎてしまいます。宴会のときはお酒よりもビールに合う味の濃いものや揚げ物など「おつまみ」のカロリーがかなり高いです。また、シメの炭水化物や2件目でラーメンなど、ついつい食べて過ぎてしまっていませんか?こういった食生活が正月太りに影響しています。

おせち料理
お正月に食べるおせち料理は正月太りの大きな原因となります。おせち料理は日持ちする保存食であるため、塩分・糖分がかなり高いです。一見、華やかでヘルシーな和食に見えますが、全体的に味付けがかなり濃く高カロリーです。種類によってカロリーに差があります。

・煮しめ 300kcal / 一人前
・ぶり照り焼き 213kcal / 一人前
・栗きんとん 180kcal / 栗二つ分
・牛肉ごぼう巻き 147kcal / 一人前
・伊達巻き 65kcal / 一切れ
・黒豆 55kcal / 一人前 20g
・昆布巻き 30kcal / 一切れ
・かずのこ 16kcal / 一切れ
・かまぼこ 14kcal / 一切れ

上記のように、1品1品のカロリーが高いのでたくさん食べるとかなりのカロリーを摂取してしまうことになります。
カロリーを知っておくことで意識して食べることができると思いますので食べ過ぎないように心がけましょう。

運動不足
外が寒いため、暖房の効いた部屋やこたつの中から動かなくなってしまうことが多くなります。寝正月という言葉もあるくらい、お正月番組を見ながら横になったまま多くの時間を過ごしていませんか?
消費カロリーがいつもより少なくなることが正月太りの原因の一つです。

皮下脂肪が増える季節
冬になると気温が下がって寒くなるため、身体は寒さから身を守ろうとするため脂肪をしっかりと蓄えてようとします。食べ過ぎ飲み過ぎ、運動不足に加えて、こういった防衛反応も加速してこの時期は太りやすくなります。

むくみ
塩分の撮り過ぎと運動不足が重なると、血行、リンパの流れが悪くなり、老廃物がたまります。この状態がむくんでいる状態であり、正月太りともいえます。

正月太り解消運動方法

お家の中でストレッチ
正月太りの原因の一つであるむくみを解消するにはストレッチが効果的です。
起きる前に布団の中で背伸び
両手を組んで前後に伸ばす(肩回りをほぐす)
座った状態で足を伸ばしてつま先で円を描く(ふくらはぎをほぐす)

各30秒×3セット。どれも自宅で寝る前や起きたとき等に手軽に取り入れられると思いますので、まずはむくみをとるストレッチから始めましょう。

有酸素運動
1日20〜30位を目安に早歩きで歩きましょう。通勤等で電車を使う場合は一駅手前の駅から歩くなどの工夫をすると良いでしょう。
継続することで脂肪燃焼効果があります。

普段の生活で運動
エレベーターを使わず階段を使う
電車やバスではかかとを上げて立つ
座っているときは膝の内側を合わせて内太ももを鍛える

短時間でできるものですが、積み重ねることで脂肪燃焼の効果があります。

最後に

まずは正月太りしないように食事に気をつけることが大切です。おせち料理は意外とカロリーが高いので、やたらと食べるのではなく、選んで食べるようにしましょう。また、正月はだらだらと過ごすのではなく、適度に体を動かす事が大切ですが、太ってしまった場合は、なるべく早くに解消しましょう。食事制限だけではリバウンドしてしまいますので、腹八分目を心がけ、ウォーキングなど継続できるものを取り入れましょう。

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, 美容・健康・ダイエット