日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

幼児や子供の発熱風邪に効く簡単食事レシピまとめ!

   

小児科
引用元;http://www.obihiro-kyokai-hsp.jp/shinryouka/syounika.html

これから寒くなってくる季節には、風邪などが流行ってきますね。
幼稚園や小学校などで集団生活をしている子どもたちは、予防をしていてもうつってしまうことが多いです。
今回は、子供が風邪をひいて食欲がないときでも食べやすい食事のレシピを紹介します。

スポンサードリンク

風邪をひているときの食事について

風邪をひいて高熱が出ているときは、体力も消耗し、胃腸も弱っています。
まずは、脱水症状にならないように水分はしっかり摂るようにしましょう。
そして、吐き気や嘔吐がない場合は、食事をした方が体力も回復するので、消化の良い食べ物を食べさせてあげるようにしてくださいね。

消化の良い食事の簡単レシピ!

お雑炊

おかゆでもいいですが、子どもは味がないと食べづらい事があります。
そんな時は、お出汁を入れたり、卵を溶いてあげると食べやすくなりますよ。
しらすを入れるのもおすすめです。卵やしらすは、消化の良いたんぱく質を含んでいます。
また、野菜を細かく切って柔らかく煮たものを一緒に入れてあげるのも、栄養が摂れていいですね。
大根は消化がよいですし、小松菜やほうれん草などは栄養価も高いですよ。

ポタージュスープ

玉ねぎとかぼちゃを柔らかく煮て、牛乳と一緒にミキサーにかけます。
トロトロになったら鍋に移し、温めながらコンソメや塩・コショウで味をつければできあがり!
かぼちゃは栄養価も高く、甘みもあるので子ども達にも人気のある野菜です。
固形物が食べたくない時でも、スープなら摂取しやすいですね。
コンソメ味の野菜スープが好き、というお子さんでしたら、たっぷりの野菜を食べやすいように小さめに切って作った野菜スープでもよし、味噌汁が好きなお子さんだったら具だくさんのお味噌汁でもよし!
好きな味付けの物にしてあげましょう。

りんご葛湯

何も食べたくない、という時におすすめなのが、りんご葛湯です。
リンゴジュースに葛粉が片栗粉を入れて温めて、とろみをつけるだけ!
お砂糖を入れて甘みを調節してもいいですよ。
甘くトロトロで食べやすいですし、身体も温まります。
水分も摂ることができますね。

にゅうめん

にゅうめんは、温かいそうめんのことです。
優しい出汁の味と、つるつるっとした食感で、体力のないときはうどんよりもさらに食べやすいです。
身体も温まります。
溶き卵を入れたり、お子さんが嫌いでなければネギを入れてあげるのもいいですね。
すこし生姜を入れてあげても身体が温まりおすすめです。

最後に

いかがでしたか? お子さんの具合が悪い姿を見るのは、親としても辛いですよね。
身体をゆっくりと休ませてあげることが大切です。
そして、何も食べたくないときは無理に食べなくても大丈夫。でも脱水にならないように水分補給だけはしっかりとさせてあげてくださいね。
また、少しでも食べられそうであれば、消化の良い物を少しずつ食べさせてあげてください。
今回紹介したものは、どれも簡単なものばかり! 参考になれば嬉しいです。
関連記事
インフルエンザ予防接種2015~16料金や時期は?症状や潜伏期間について!
赤ちゃんの熱の冷やし方や体温の測り方は?お風呂に入れるべき?
2015新型ノロウイルス厚生労働省が警告!症状と予防方法と対策は?
赤ちゃんの離乳食で風邪の場合はバナナやリンゴが良いの?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, 美容・健康・ダイエット