日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

風邪や微熱で関節痛が起こる原因と効果的な対処方法は?

   

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343_TP_V
風邪で微熱のある時に、関節痛が起こることってありますよね。あの痛み、どうにかしたいと思う方も少なくはないと思います。
何故関節痛が起こるのか原因や対処法について紹介していきます。

スポンサードリンク


風邪の症状や微熱でおこる関節痛の原因は?

関節炎は身体の免疫反応

風邪や病気になると、人は免疫反応としてサイトカインという物質を出し、全身に知らせようとします。このサイトカインはいくつも種類があり、脳に作用し、関節痛や炎症、発熱、頭痛などをひきおこします。
また、サイトカインが作られる細胞から分泌されるのがプロスタグランディンE2(PGE2)という物質です。
この物質のおかげで、私たちは感染した時に感染したばい菌と戦う証として、熱が出たり、痛みが現れたり、張れたり、赤く炎症になったりするのです。
一方で、PGE2は炎症を抑制する作用も持ち合わせています。
これらの物質が原因で発熱や関節炎などが発症すると考えられているのです。

微熱で関節痛は、慢性病が隠れているかもしれない可能性もあります。

疫の話は先にしましたが、自分の関節や臓器まで免疫でやっつけてしまう病気があります。
風邪などのウィルスや細菌感染がきっかけで、もともとあった病気の発症のきっかけとなることがあります。
それは、次のような病気で、原因が不明だったり難病にも指定されています。

関節リウマチ

手や足、ひいては全身の関節に強い痛みや張れがおこる病気です。
進行すると、心臓や消火器などにも炎症が起こり、心筋梗塞や肺炎になることもあります。

全身性エリトマトーデス

関節リウマチと同じく、自己免疫疾患の一つです。
皮膚に赤く炎症が起きたり、関節や身体のあらゆる場所に炎症が起きる病気です。

慢性疲労症候群

原因不明の激しい疲労感が現れ、微熱、リンパ節の張れ、筋肉や関節炎、うつ病などを発症します。日常生活もままならないくらいの強い疲労感のため、仕事も家事もできず、ほぼ寝たきりになってしまう場合もあります。

関節痛を和らげる対処方法は?

まずは、関節痛の原因を治すことが大切です。
風邪の症状を早く治しましょう。

ゆっくり休養し、十分な水分と睡眠、栄養を摂ることです。
また、ストレスなどがあればカウンセリングを受けたり、アロマセラピーやマッサージなどで身体をリラックスさせましょう。
風邪薬や鎮痛剤が効果的なこともあります。消炎鎮痛剤には炎症の原因物質であるプロスタグランディンE2の合成を阻害するものもあります。市販薬や処方された薬を内服するのもいいでしょう。
本人が寒くなく、気持ちがよければタオルなどで関節をひやすのもいいですが、直接痛みに効果的かは疑問です。
リンパの流れが滞って痛みがあるのなら、お風呂上りにストレッチで身体をほぐしてみるのもいいかもしれません。
ただし、その場合は痛みが強くなるのであれば、やめた方がいいでしょう。

もし、微熱と関節痛が長期に続くようなら、 病院へ行きましょう。

長引く微熱と関節痛は慢性病の発症が隠れている可能性もあります。
病院で検査をして、きちんと調べてもらいましょう。

最後に

ただの風邪も早めに治した方がよさそうですね。 これから寒くなります。 風邪をひかないように身体に気を付けましょう。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット