日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

冬至にかぼちゃや小豆を食べる由来とは?いとこ煮のレシピを紹介!

   

昔からある日本の風習は、子ども達にも繋げていきたいですよね。冬至もその一つ。でも、あまり意味が分からないまま、かぼちゃを食べたりゆず湯に入っている人も多いのではないのでしょうか。
今回は冬至の由来についてまとめてみました。
また、冬至に食べられるかぼちゃや小豆の煮物いとこ煮のレシピも紹介します。

スポンサードリンク

冬至とは?

冬至とは、一年で一番夜の時間が長くなる日を差します。
毎年、日付は変わります。

なぜかぼちゃを食べるの?

かぼちゃ
昔からの風習

かぼちゃの旬は夏です。なのに、なぜ冬である「冬至」に食べるようになったのでしょうか。
それは、昔の食糧事情と関係しているのです。

昔は、冬は野菜の収穫ができず、食料が乏しくなってしまっていました。
そこで、夏に収穫したかぼちゃをとっておいて、冬に食べていたそうです。

また、「無病息災祈願」が行われ、その時に食べられていた物の一つがかぼちゃだとも言われています。
冬至は夜が一番長くなる日なので、その日を境に昼間の時間が長くなる、特別な日でもあった訳です。

ですから、ここからまた運気を上昇させていこう、という思いも込められ、最後に「ん」がつくものを食べていた、という説もあります。
かぼちゃも南瓜=なんきんで「ん」がつきますね。

かぼちゃを食べると風邪をひかない!

風邪予防にはかぼちゃが良いと聞いたことはありませんか?かぼちゃは、ビタミンAやカロテンなど、栄養が豊富な野菜です。

栄養満点な食材を食べていれば、身体も強くなり免疫力もアップし、風邪をひきにくくなります。
ですから、寒く体調を崩しやすい時期に、栄養満点のかぼちゃを食べて風邪を予防する、というのは理に適っていますね。

どうしてゆず湯に入るの?

ゆず湯

冬至は、その次の日から昼間の時間が長くなる境目の日で、そこから運気を上げていく、という意味もあると上記でも説明しましたが、その運を取り込む前に、ゆず湯に入って邪気を払う禊(みそぎ)だったと言われています。禊とは、身体を洗い清める、という意味です。

また、ゆず湯には血行促進の効果もあるので、身体が温まります。ですから、風邪予防にも繋がりますね。
そして、ゆずの香りにはリラックス効果もあるので、身体を緩め、ストレスを軽減させることにも役立ちます。
関連記事
冬至にゆず湯に入るようになった由来と作り方は?再利用はできる?

いとこ煮とは?簡単レシピを紹介!

いとこ煮とは?

冬至に「いとこ煮」という物を食べる地域もあります。今でも北海道や福島あたりで食べられています。いとこ煮とは、かぼちゃと小豆を炊いたお料理です。
固い物をおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)と炊くことから、「いとこ煮」と言われるようになりました。ですから、かぼちゃと大豆でなくても、いとこ煮と呼ぶお料理もありますよ。

◇いとこ煮の簡単レシピ!
小豆をふっくらと炊くのは、時間もかかり難しいです。
そこで簡単レシピの秘密兵器!小豆缶を使っていとこ煮を作ってみましょう。

かぼちゃを食べやすい大きさに切って、水・砂糖・みりん・醤油で煮ます。
柔らかくなってきたら小豆も入れて少し煮たら出来上がり!

小豆缶の小豆はすでに砂糖が加えられていますので、かぼちゃを煮る時の砂糖はお好みで加減してくださいね。
小豆にはビタミンB1が多く含まれているので、疲労回復の効果がある食材です。
ですから、栄養満点のかぼちゃと小豆の組み合わせは、寒くて体調を崩しやすい冬にピッタリなお料理とも言えますね。

最後に

いかがでしたか?「冬至」という言葉は知っていたけれども、新たに知ったことも多かったことと思います。
昔ながらの習慣には、色々と意味が込められているのですね。 意味も教えながら、子ども達へと継承していきたいですね。
関連時事
冬至にゆず湯に入るようになった由来と作り方は?再利用はできる?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, グルメ