日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

冬至にゆず湯に入るようになった由来と作り方は?再利用はできる?

   



冬至はゆず湯に入ってかぼちゃを食べる、という習慣がありますが、詳しい意味はよくわからずなんとなく行っている人も多いのではないでしょうか。
昔ながらの風習は、今後も子ども達へと伝えていきたいものですが、意味もしっかりと伝えたいですよね。
なぜ冬至にゆず湯に入るようになったのか、冬至の由来などをまとめました。

スポンサードリンク

冬至とは?

冬至とは、一年で一番夜が長い日を指します。大体12月22日頃ですが、その年によって違います。

昔の冬至の時期は、野菜の収穫量も減って、食糧事情が厳しい時期でした。
そこで、無病息災の祈願が各地で行われていました。その時に食べられたものの一つにかぼちゃがあります。
寒くて体調を崩しやすいこの時期に、風邪などをひかないようにかぼちゃを食べられていた、という説もあります。
かぼちゃは栄養満点の食べ物なので、理にかなっています。
関連記事
冬至にかぼちゃや小豆を食べる由来とは?いとこ煮のレシピを紹介!

また、この冬至の日を境に昼間の時間が長くなっていくので、運気も上昇していってほしい、という願いも込められていたと言われています。

ゆず湯になぜ入るようになったの?

0e4262202c5fc0b315db0d146d904ba7

冬至の日を境に昼間の時間が長くなり、それに伴い運気もあげたい、という願いが込められていることは上記でも説明しましたが、ゆず湯は、運を呼び込む前に邪気を払う禊(みそぎ)のために入った、と言われています。

そして、ゆずには血行促進の効果があるので、身体が温まります。
ですから、風邪予防になり、体調を崩さないように、という願いにも効果があると言えますね。

ゆず湯の作り方

お風呂にそのままのゆずを5,6個入れます。

切って入れてもいいですが、その場合は繊維やタネが湯の中に落ちないように、ネットなどに入れると良いですね。
ゆず湯は少し刺激が強いので、肌が弱い人や赤ちゃんは、肌がヒリヒリしたりかぶれてしまう人もいます。そういった方は、ゆず湯は避けましょう。

ゆずの香りはリラックス効果があるので、湯に入れなくても、切って湯舟のそばに置くだけでも良い香りに包まれ、ストレス軽減にも繋がります。
ストレスはあらゆる体調不良の原因にもなりますので、香りを楽しむだけでも、昔からの願いである「体調を崩さないように」という事に対しての効果はありますね。

使用したゆずは再利用できるの?

ゆず湯で利用したゆず、そのまま捨ててしまう人も多いと思いますが、いくつか再利用の方法を紹介したいと思います。

輪切りにして香りを楽しむ

そのまま湯に入れていたゆずを輪切りにしてトレーなどに乗せて、洗面所などに置いておくと、2,3日は良い香りを楽しむことができますよ。

肥料にする
家庭菜園などを行っている場合は、肥料として使うこともできますね。

料理に使う

湯に入れる前に皮を少し剥いておいて冷凍保存しておけば、茶わん蒸しなどお料理でちょっとゆずの皮を使いたい時にさっと使えます。
皮を剥いてあると香りも強くなるので、ゆず湯のリラックス効果も高まります。

最後に

いかがでしたか? 冬至やゆず湯には、このような由来があったのですね。
このような昔ながらの風習は、これからも子ども達へと伝えていきたいですね。
私も、意味を教えながら子ども達と冬至の風習を楽しみたいと思います。
関連記事
冬至にかぼちゃや小豆を食べる由来とは?いとこ煮のレシピを紹介!
子どもがインフルエンザの時の効果的な食事とお風呂は入れも大丈夫?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵