日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

節分で豆まきの由来や恵方巻を食べるようになった起源は?

   

豆まきのやり方
節分では豆をまく、という風習が昔からありますが、最近はさらに恵方巻きを食べる、という風習も加わりましたね。
なぜ豆をまくようになったのか、そして、恵方巻がどうして食べられるようになったのかまとめました。

スポンサードリンク

豆まきの由来について


豆まきを行う節分は、立春の前日である2月3日です。

昔は立春が一年の始まりだったので、「明日から始まる一年が、災いや不幸がなく、健康で良い一年になりますように。」という願いを込めて、豆をまくようになりました。

その昔、京都に鬼が出てみんなを困らせていた、という言い伝えがあり、そこで、豆を鬼の目に投げて退治したと言われています。
鬼=魔(悪魔)とし、「魔(ま)を滅(め)する」ということから、豆をまく習慣が始まったようです。また、まく豆は、炒った大豆です。

生の大豆だと芽が出てくる=魔が出てくるとされ、縁起が悪いとされています。
今はお父さんが鬼の役をすることが多いですが、本来は家長であるお父さんが鬼を退治する役目をしていたのですよ。
「鬼は外!」と豆をまいて家から鬼を追い出し、窓を閉めてから「福は内!」と家の中にもう一度豆をまきます。

なぜ恵方巻を食べるようになったの?



恵方巻は、神(歳徳神(としとくじん))がいるとされているその年の恵方を向きながら食べることで縁起を担ぎ、無病息災や商売繁盛をもたらす、ということから、大正初期あたりから始まったと言われています。

具材は7種類とされていますが、これは、縁起の良い七福神に由来しているようです。

しかし、現在は、具材が7種類でないものも多く売られており、具材の決まりもないです。恵方巻は、恵方寿司や丸かぶり寿司と呼んでいる地域もあります。

1989年に広島の一部のコンビニエンスストアが「恵方巻」と名付けて販売し、それが全国に広まっていきました。
全国的に恵方巻の習慣が広まったのは、ここ数年のように感じます。

恵方巻の食べ方は?

その年の恵方の方角を向いて、恵方巻を丸ごと一本、願い事をしながらしゃべらずに食べます。
途中で話してしまうと、運が逃げてしまう、と言われていますよ。
また、恵方巻を食べやすいように切ってしまうと、縁を切る、といってよくないそうです。

最後に

豆まきや恵方巻には、こんな由来があったのですね。

恵方巻においては、具材にルールもなくなり、子どもでも食べやすいようにと各家庭でアレンジしているところも多いので、家族で楽しみながら行うイベントとして行うのもいいですね。

豆まきは昔からの習慣で、しっかりとした意味があるものなので、その意味も含めて伝えていきたい習慣の一つです。
くわしい意味をしってから行う豆まきや恵方巻は、また一味違いそう!ちなみに、2016年の恵方の方角は南南東です!

関連記事
節分での豆まきのやり方は?恵方巻2016年の食べ方と今年の方角は?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵