日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

初節句女の子のお祝いの相場はいくらでお返しはどうする?

   

雛人形 3月3日「桃の節句」は女の子の日。

お雛様を飾って、ちらし寿司とハマグリのお吸い物・・・こんな感じで毎年お祝いしているご家庭も多いのではないでしょうか。

初節句の場合は、どのようなことをするの?お祝いは?そのお返しは?そんな疑問をまとめてみました。

スポンサードリンク


女の子の初節句

赤ちゃんが生れて初めて迎える節句の日を初節句と言います。

生れた子どもの健やかな成長を願う気持ちを込めて、両家の両親や兄弟姉妹を招き、盛大にお祝いをする家庭も多いです。

赤ちゃんがまだ生まれて間もない場合は、次の年に行うこともありますよ。

後々揉めないように、お祝いを盛大に行うのか、家族だけでささやかに行いたいのか、また、お雛様は自分たちで買って子どもに贈りたいのかなど、あらかじめ親としての意見を決めて伝えた方がトラブルにならなくていいと思います。

「お雛様は買ってあげたい。」「初節句は盛大に行うものだ。」という考えの両親義両親も多いです。

ただ、家に人を多く招くとなると、赤ちゃんを抱えながらの準備も大変でしょうから、その点も含め、どうお祝いするかなど、決めて伝えることをおすすめします。

お祝いに招かれたら、お祝いはどうする?

初節句のお祝いに招かれたら、お祝いの品を持参します。

大抵の場合は現金で、親や親族で五千円から一万円が相場とされています。

兄弟姉妹の場合は、三千円から五千円くらいでもいいでしょう。

現金の場合は、紅白の蝶結びののし袋に、新札を入れます。

そして、表書きは「御祝」「祝初節句」などとします。

また、現金ではなくても、商品券やギフトカードを贈る方もいますし、兄弟姉妹でしたら、赤ちゃん用品(洋服やおもちゃなど)でも良いかと思います。

初節句のお祝いをもらったら、お返しはどうする?

祝い
引用元: http://okaeshimanner.com/hatsuzekkumanner/

本来、お招きをしてお膳を囲む(お膳を用意する)ということが、お礼になります。ですから、お返しは必ず必要、というものではありません。

その場合は、お土産に赤飯やお菓子を渡すことが多いです。しかし、感謝の気持ちとしてお返しをしたい、と思う場合は、内祝いとしてお返しの品を用意しましょう。

お返しの品の金額は、お祝いで頂いた金額の半分から三分の一くらいが相場とされています。現金で返すのではなく、日用品や日持ちがするお菓子などを贈ります。

その時ののしの表書きは、上段は「節句内祝」とし、下段は赤ちゃんの名前を書きます。

一緒にお礼状を添えると、さらに気持ちが伝わっていいですね。節句内祝いは、3月中に贈るようにしましょう。

まとめに

最近では、家族でささやかにお祝いする家庭も多いですが、一生に一度の初節句、もし両親や義両親が盛大にお祝いしたいという強い思いがあれば、みなさんで集まって楽しくお祝いしてあげるのも良い思い出となるでしょう。

まだ生まれて数カ月で準備が大変、という場合は、仕出しなどを利用して、お吸い物だけ作ったりと、全て手作りで用意する必要はないので、無理をせずできる範囲で準備をしてくださいね。

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵