日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

雛人形を飾る時期はいつからで何歳まで飾りいつしまう?

   

雛人形
桃の節句にはお雛様を飾りますよね。雛人形を飾る時期やしまう時期、また何歳まで飾ったらいいの?

そんな雛人形にまつわる疑問に答えます!

雛人形はいつ飾る?

結論を言うと、飾る時期は決まっていなくいつ飾ってもよいそうです。2月4日の立春頃から2月の中旬あたりがよい、とも言われています。

地域によっては、二十四節気のひとつである「雨水(うすい)」に飾るとよい、と言われているところもありようですよ。大体2月18日から19日くらいにあたります。

遅くても3月3日の週間前には飾るようにしたいですね。

雛人形は何歳まで飾る?

子どもが小さいうちは毎年飾りますが、いったい何歳まで飾るのか、知っていますか?実は、これも何歳まで、という決まりはないそうです。

ある統計によると、「お嫁に行くまで飾る」という人が多いようですね。でも決まりはないので、お嫁に行っても飾りたい人は飾ってもOKですよ。

お雛様は、「本人に代わって厄災を雛人形が引き受ける」という意味もあるので、女の子の赤ちゃんが生れたら、それを引き継ぐのではなく、新しい雛人形を用意してあげる、と言われています。

ママの雛人形が大きかったら、住宅事情にもよりますが、子どもの物は小さめのものにし、二つ並べて飾ってもいいですね。

雛人形はいつしまう?

よく「早めに雛人形を片づけないと、お嫁に行くのが遅くなる。」と聞きますよね。ですから3月3日が過ぎたらすぐ片付けるお宅が多いです。でもこれは迷信!

長く眺めていたい人は、ずっと出していてもいいそうですよ。また、二十四節気の「啓蟄(けいちつ)の日」がよい、とも言われています。

大体3月6日頃です。二十四節気とは、太陽の動きを元に作られた、季節を知る目安のことで、一年に24日あります。

「啓蟄の日」は、春になり、冬眠をしていた虫たちが地上に出てくるころです。

最後に

いかがでしたか?調べてみると、雛人形の飾る時期や片付ける時期、そして何歳まで飾るかは、そのお宅や地域によっても違いますが、どれに対しても、ちゃんとした決まりはない、ということがわかりました。

大抵のお宅が、長い期間は飾らないので、毎年桃の節句の時期はお雛様を飾るのもいいですよね。

しまう時期は決まっていませんが、お人形は湿気に弱くカビなどもすぐ生えてしまうので、晴れた日にしまう方がいいそうですよ。長く綺麗な状態を保つためにも、しまう時は除湿剤なども一緒にいれて丁寧に扱うようにしましょうね。

関連記事
初節句女の子のお祝いの相場はいくらでお返しはどうする?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵