日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

真田丸とは?戦いが行われた場所の跡地には何があるの?

   

NHK大河ドラマに真田信繁(幸村)が築いたとされる「真田丸」が放送されますね!

歴史好きな方は当にご存知かと思いますが、大河ドラマを見て真田丸とは何なのという方も多くいらっしゃるかと思いますので真田丸について紹介していきます。

また、真田丸の戦いが行われた場所は現在はどのような形で残っているのか気になりますよね!

真田丸跡地に関しても調べてみましたので参考にしてもらえたらと思います。

スポンサードリンク

真田丸とは?

徳川家率いる江戸幕府軍と、対抗する豊臣家との間で行われた大坂の陣で真田信繁(幸村)が築いたとされている独立した出城のことを指します。
真田丸
引用元:http://ameblo.jp/idryou/entry-12030163970.html

特徴は、城の内外を土塁、石垣、堀などで区切られた城で曲輪を表現されています。

真田丸を作った背景には、大坂の陣が開戦させる前の軍議に真田信繁(幸村)も参加していました。真田信繁(幸村)は積極的に野戦を行うべきと主張するのに対して大阪城主的な地位をもっていたグループの主張が通り籠城策をとることになりました。

ここで真田信繁(幸村)は大阪城の南方平野口が弱点となることを見抜き出城を築く許可を得て真田丸で指揮をとったのです。

1614年(慶長19年)の大坂冬の陣にて真田信繁(幸村)率いる軍勢は5000とされており、対する徳川家軍勢は約1万5千を迎え撃ったとされています。

徳川家軍勢には前田利常、井伊直孝、松平忠直等が居ました。父真田昌幸が得意とした戦術を大坂冬の陣で発揮します。ここでの戦いが真田丸の戦いと言われています。

徳川家軍勢を挑発し真田丸近くまでおびき寄せ銃撃を浴びせたり、城壁に近寄る軍勢に対して損害を与えました。徳川家の軍勢に軽率な行動が見受けられたこともありますが、策士であった父顔負けの真田信繁(幸村)の策が幕府側の大きな痛手となったことは言うまでもありません。

大坂冬の陣以降幕府側と豊臣家とで和平を結びます。その後大阪城の堀三の丸・二の丸の破壊や真田丸が破壊されることになります。

真田丸の場所と跡地には何がある?

真田幸村
真田丸の跡地とされている地には三光神社(さんこうじんじゃ)があります。真田丸と大阪城を結んだとされている「真田の抜け穴」あとがあります。
真田の抜け穴
引用元:ウィキペディア

現在は入り口に真田の六文銭を掲げた鉄の扉で閉ざされています。ここが1年に1度だけ開放される日があります。

真田祭りの日がその日となります。

所在地:大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90

最後に

NHK大河ドラマ真田丸が三谷幸喜さんの脚本の下どのような演出を見せてくれるのか楽しみです。

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, 観光・お出かけ・ご当地