日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

だてマスク依存症とは?原因とその心理は?診断や直す方法!

   

風邪を引いているわけでもなく、予防をしているわけでもなく…。

必要でもないのに何となくマスクをしている、いわゆるだてマスクをしているという人が最近増えているそうです。

大したことない事柄のようにも思えますが、「マスク依存症」なんて言葉がある程、近年問題視されているのだとか。

そこで今回は、だてマスク依存症とは何なのか、その原因と心理、診断や直す方法といった情報をまとめました!

スポンサードリンク

だてマスク依存症とは?


具体的な必要性がないのに、何となくマスクをつけているという人が最近増えています。

その中には、「だてマスク依存症」と呼ばれる症状を持っている人もいるのだそうです。

だてマスク依存症とは、だてのマスクをつけることが日常的になり、手放すと不安になったり落ち着かなくなってしまう症状のことです。

マスクをしていないと、何となく心理的に不安定になってしまうので、常にマスクをするようになります。

心当たりのある方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?(かくいう私もよくマスクを身に付けています)

ただ、問題なのは常にマスクをしていることではなく、外したときに不安になってしまうことです。

なぜマスクがないと不安になってしまうのでしょうか?

だてマスク依存症の原因とその心理は?

だてマスク依存症の原因としてよく挙げられるのは、自身の持つコンプレックスです。

自分の顔に自信がないといった身体的コンプレックスはもちろん、他人とコミュニケーションを取るのが苦手で、表情を隠したいという場合もあります。

そのため、身体的なコンプレックスも心理的なコンプレックスも隠すことのできるマスクに依存してしまうというわけです。

つまり、自分に自信がなかったり、対人関係に不安を持っていたり、人と関わりたくなかったり、感情を悟られたくなかったり…

そのような心理を持つ人が、マスク依存症になりやすいといわれています。

だてマスク依存症の診断方法!

きちんとした診断を受けるにはもちろん病院に行く必要がありますが、気付くきっかけとして役に立つ、だてマスク依存症の簡単な診断方法をご紹介します。

まずは、こちらの項目をご覧ください。

 

・マスクをしていないと落ち着かない

・外したいときも不安で外せない

・一日中ほとんどマスクをして過ごしている

 

この中に当てはまるものがあれば、マスク依存症を疑う必要があるかもしれません。

マスクを身に付けたいときは身に付け、外したいときは外せるのが健康な状態。

外したいのに何となく不安で外せないという方は、要注意です。

だてマスク依存症を直す方法!

だてマスク依存症を直すには、専門医に相談するのがいちばん効果的です。

心療内科やカウンセラーの方に診てもらうのがよいでしょう。

また、自分でもメンタル面をうまくコントロールできれば、だてマスク依存症を克服することができます。

まずは焦らずに、少しずつマスクをしない時間を増やしていくこと。

他人に見られることのない家の中で始めれば、ストレスも少なくて済みます。

そして、原因は自分にコンプレックスがあるという心理状態なので、自分を肯定してあげることも大事です。

そう言われてもなかなか難しいとは思いますが、まずは小さなことから自分を褒めて、認めるクセをつけていきましょう。

最後に

私自信も職場などでよくマスクをしているのですが、だてマスク依存症なんてものがあるとは知りませんでした。

マスクが必要でないのにどうしても外せない…。そんな方は注意かもしれません。

関連記事

仰天ニュースのアスペルガー症候群とは?特徴と診断テストまとめ!

生理前のうつPMDDの原因と診断方法は?食事や生活習慣での改善方法

2015新型ノロウイルス厚生労働省が警告!症状と予防方法と対策は?

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット