日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

大雪2016家庭で必要な対策は?備えておきたい食料まとめ!

   

2016年1月18日、低気圧の影響で東京に6cmもの雪が積もりました。

更に後日には名古屋でも積雪、週明けには西日本でも雪が降るといわれています。

雪国とは違い、東京や西日本のようなあまり雪の降らない地では、どのように対策や備えをすれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大雪になったときに家庭で必要な対策や、備えておきたい食料をまとめました!

スポンサードリンク

大雪2016家庭で必要な対策は?

大雪になると、足元が滑りやすくなったりドアの前に雪が積もったりすることで、外出することが難しくなります。

そのため、なるべく外に出かけなくてもいいように、前もって準備しておく対策が必要です。

家庭に備えておくべきものは、水・食料・灯油などの燃料・普段使用している処方薬・懐中電灯・携帯ラジオ・電池・カイロなど、他の災害にも通ずるものばかり。

その他、大雪のときに必要になるのは以下のものです。

雪かき用スコップ



雪が積もったときのために、除雪用のスコップを用意しておきましょう。

プラスチック製のスコップは、軽くて力がなくても作業がしやすいのでおすすめ。

金属製は、凍って固くなった雪を取り除くのに便利です。

想像以上に重労働になるので、雪かきをするときには準備運動や水分補給、体温調節を忘れずに。

作業中に事故になる危険性もあるので、ぬかるんだり凍ったりしている雪に足を取られないよう十分気をつけ、出来るだけ複数人で行うようにしましょう。

ヘルメットや命綱を用意しておけば、更に安全です。

滑り止めのついた靴

やむを得ず外出する必要が出てきた場合のために、積もった雪の上でも安全に歩ける、滑り止めのついた長靴などを用意しておきましょう。

 



このような滑り止めのついた、防水性の高いブーツがおすすめ。見た目にもオシャレで良いですね。

 



こちらのような、靴に取り付けられる滑り止めもあります。

大雪に備えておきたい食料まとめ!

東京や西日本のようなあまり雪に慣れていない地域では、大雪のときに停電することも多いです。

そのため、冷蔵庫や電子レンジなど電化製品などを使わなくても、安心して食べられる食料を用意しておきましょう。

ここではそんな大雪のときに備えておくのにおすすめの食料をご紹介します。

カップ麺



非常時といわれてまず思い浮かぶのは、やはりカップ麺でしょうか。

ガスでお湯を沸かすことができれば、簡単に食べられます。

カップラーメンだけでなくそばやパスタなど種類も豊富なので、いろんな種類を揃えておけば飽きることはありませんね。

インスタント食品



お湯で温めるタイプのインスタント食品も、カップ麺と同じく重宝します。

また、カップ麺は栄養面が気になりますが、インスタント食品なら野菜などが豊富に入っているものもあり、きちんと食事を取れ身体にも優しいです。

こちらもスープやカレー、雑炊など種類の豊富なのが嬉しいですね。

缶詰



こちらも非常食の大定番。

しかし、最近は高級食品なども缶詰も多く、非常食とは思えないリッチ感を味わえます。

大雪だからといって質素な生活をするのではなく、あえて贅沢をしてみるのも良いかもしれません。

最後に

滅多に大雪にならない地域こそ、対策や備えは大切。

今からでも遅くありません、これからも続く寒波に向けてしっかり準備しておきましょう!

 

関連記事

2016暖房器具の電気代比較まとめ!一人暮らしどれがコスパ良い?

静電気の原因は体質の問題?除去グッズや防止する対策方法は?

2015新型ノロウイルス厚生労働省が警告!症状と予防方法と対策は?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵