日常のささやき

日常にあふれている芸能・スポーツ・アニメ・漫画・ゲーム・ご当地ネタなどのトレンド情報を紹介していきます。

たけのこ下ごしらえあく抜きは重曹か米のとぎ汁やぬかを使用?

   

春の味覚、たけのこ。煮つけやたけのこごはん、てんぷらやお吸い物など様々なメニューに使えます。美味しいですよね。
ですが下ごしらえが少し難しいかもと思っている方も多いでしょう。

そんな方でも大丈夫!たけのこの下ごしらえは、意外と簡単なんですよ。

たけのこの簡単下ごしらえ方法を紹介します。たけのこは新鮮なうちに!

たけのこ堀りをしたり、採れたてのたけのこをもらったら、できるだけ早く、新鮮なうちに下ごしらえをしましょう。柔らかく美味しいうちにいただきましょうね。

簡単!あく抜きの方法

あく抜きには、重層や米ぬかなどを使う方法がありますが、お家にない人も多いと思います。わざわざ買うのは面倒ですよね。
そこで、一番簡単な、お米のとぎ汁を使ったあく抜きの方法を紹介します。

1.外側の皮を2,3枚むきます。
2.根元にあるぼつぼつの部分は切るか、ぼつぼつを削ります。
3.穂先を斜めに切ります。
4.火がよく通るように、縦に1センチくらい切り込みを入れます。
5.たけのこが入るくらい大きな鍋に、たけのことお米のとぎ汁(最初の濃いとぎ汁)を入れ、沸騰させます。
あく(白い泡)が出るので、それを取っていきます。
6.ゆで汁が減ってきたら足しながら、1時間くらい落し蓋をして煮ます。
7.竹串が通るくらい柔らかくなったら、火を止めて冷まします。
8.冷ましている間にもあくは出ているので、最後に洗い流します。

※無洗米を使用していてとぎ汁が出ない場合は、お米を入れて煮ても同じ効果がありますよ。

たけのこ500グラムに対して、お米を大さじ3くらい入れましょう。あく抜きの方法は、とぎ汁と同じです。

保存方法

たけのこ保存
引用元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1650001663/

下ごしらえが終わったら、皮をすべて剥きましょう。水に浸したまま、冷蔵保存します。保存容器に合わせて、大きさを調節してください。

最後に

米汁や無洗米であく抜きができるなら、あく抜きのためにわざわざ何か買う必要もなく簡単ですよね!

新鮮なたけのこが手に入ったら、ぜひ自分で下ごしらえをしてみてくださいね。一度やれば、次からはさらに簡単にできちゃいますよ。

春の味覚を存分に楽しみましょう!

関連記事
もずく酢の効能と効果的な食べ方は?低カロリーでも食べ過ぎ注意?

スポンサードリンク

 - 都市伝説・雑学・生活の知恵, グルメ